shutterstock_261084959

写真拡大

彼氏ができた途端に携帯が手放せなくなるのは女子のあるある話。

しかし、そんなことを言っていられるのも、20代まで。社会人として働き出したら、彼よりも優先すべきことがたくさん増えてきます。

まさかいい歳にもなって、仕事中にも関わらず、彼とLINEをしていませんよね?それでは、今がどんなにラブラブでも長続きしませんよ♥

そこで今回は、『Couples』が実施した「 恋人(パートナー)との連絡頻度」を参考にしながら、長続きするカップルが連絡するときに大切にしている“メール・LINEのルール”をご紹介いたします!

 

20代未満は1日に20回以上!?

d5528-52-789713-0出典元:http://prtimes.jp/
この調査によると、1日に恋人と何回メッセージのやりとりをしますか?という問いに対し、何と20代未満は1日に20回以上も彼・彼女とやりとりしていることが判明!

たしかに言われてみると、今、社会人として働いている大人女子たちも学生時代は机の下に携帯を隠しながら、彼とメッセージをやりとりしていたような……。

ちなみに25歳〜50歳頃までは、「2〜5回」が最も多く、やはり仕事や家事、育児と一番忙しい世代は、そこまで頻繁にやりとりする余裕もなさそう! とはいえ、どの世代も比較的20回以上やりとりしている人が多い傾向に。彼に連絡するよりももっと優先すべきことがたくさんあるような気もしてきますよね。

 

長続きするカップルの“メール・LINEルール”

今回は、そんな結果を受けて、長続きするためにも心がけたいルールを考えてみました!

 

(1) 連絡がなくても放っておく

もし彼から連絡がなかったら、どうしますか?

一番は放っておいてあげることが彼のためにもなります。

たとえば別々の場所で暮らしていると、お互いどんな状況か把握できません。だからこそ、連絡がないと不安になってしまうものですが、大抵「仕事が忙しくて疲れていた」「飲みから帰ってきて寝ていた」など、忙しさに追われて連絡を忘れてしまったパターンのはず。

どうしても心配な場合は一言だけ「大丈夫?」と連絡を入れておくと、相手にとって負担にならない程度に意志疎通ができるようになります。

 

(2) 頻度が多い=仲が良いわけではない

メールやLINEの頻度が多いからといって、そのカップルが仲良しとは限りません。むしろ、いつまで経っても学生時代を引きずって、大人になりきれていない証拠。それに、彼とメッセージを頻繁にしているということは、それだけ本来やるべきことをこなしていないことにもなりますよね。

いい年齢になってきたら、お互いにとって時間泥棒のような存在にならないように気をつけましょう♥

 

いかがでしたか?

 

カップルによって連絡の頻度は違うと思います。しかし、大人な恋愛を楽しみたいなら、連絡が無くても自分の時間を1人で楽しめるようになるのがいいかも……!?

 

【参考・画像】

※ 「 恋人(パートナー)との連絡頻度」 - Couples

※ カップル専用アプリ「Couples」

※  g-stockstudio / shutterstock