ストラップで好きな場所に設置

写真拡大

デンソー(愛知県刈谷市)は、プラズマクラスターイオン発生機の新機種として、ストラップで設置が可能な新モデル「ノームスタイル」と、デザインを一新して機能を拡充した「カップタイプ」のモデルチェンジ版を、2016年1月6日から全国のカーディーラーやカー用品店、および約700店のデンソーサービスステーションなどで発売する。

「ノームスタイル」は、シャープの技術を活用し、独自に開発設計した。ストラップでヘッドレストなどに固定する方式でUSBから電源を取得可能なため、オフィスやリビング、玄関などでも使用できる。カップタイプは形状をスリム化し、USBから電源を取得可能にした。ターボモードでは放出するイオン濃度が従来機の標準モードの約2倍から約3倍に増え、短時間の乗車時や、臭いが気になる時に効果的だ。車室内に入り込む約10μm以上の花粉やホコリなどを約80%捕集できる「花粉キャッチフィルター」も採用した。

両タイプともオープン価格。