パンマニア厳選! 絶対に食べてもらいたい「カレーパン」ベスト5

写真拡大

日本人のソウルフードと言っても過言ではないカレーパン

間違いない! 東京「カレーの名店」情報・神まとめ

起源については東京都江東区にある「名花堂」(現:カトレア)2代目の中田豊治が1927年に実用新案登録した洋食パンが元祖と言われることが多い。

(他にも諸説あり)同新案は「具の入ったパンをカツレツのように揚げる」という主旨であり、カレーの言葉は全く含まれていないが、この開発時にはちょうど関東大震災が起こり、店の建て直しを急いだ2代目が「洋食の2トップ」であるカレーとカツレツを取り入れたパンを思いつき開発したのだ、と5代目主人は語っている。(wikipediaより)

そんな昔から、われわれ日本人に愛されているカレーパンが、日々進化をとげていることを皆さんはご存じだろうか?

えっ? カレーパンって楕円形のパン粉をつけて揚げたものでしょ? と思われている方、驚くことなかれ! 形は楕円形とは限らないし、衣だってパン粉だけとは限らないのです。

パン屋さんめぐりの会代表であり、10,000個以上のパンを食べ歩いたパンマニア、私、片山智香子が、そんな最新カレーパンベスト5をご紹介いたします!

第5位 ゴントランシェリエ かぼちゃときのこのカレーパン

まず、これがカレーパンなの? と思った方も多いかと。そう、揚げてもいないし包み込んでもいない。惣菜パンじゃん! と思った方も多いはず。でも、これもれっきとしたカレーパン。

これが、食べてみると納得。口に入れた時に、チーズのとろりとした食感と濃厚な香りがくる。その後にカレーが追いかけてくる感じ。キノコと南瓜がざっくり大きくカットされているので、これらの野菜の味がさらに追いかけてきて、最終的に全てが口内調理されて味が完成となる。

見た目も可愛いし、自分の中ではカレーパンの定義が良い意味で裏切られた一品。

ゴントランシェリエ
住所:東京都渋谷区渋谷1-14-11ビーシーサロン渋谷
営業:7:30〜20:00
休日:不定休

第4位 ブーランジェリーラセゾン 揚げカレーパン

これも、また見た目にびっくりなカレーパン。このゴツゴツした怪獣のようなフォルムにファーストインパクトを受ける。これ、実は、食パンをスライスした時に余ったミミの部分をクルトンにして衣として一緒に揚げているらしいのです。

ザクザクっとした食感が心地よく、生地自体ふんわりしていて食べていて重くない。一口目、甘めのカレーなのかと思いきや、じわじわ辛味がきいてきて最後には舌に辛味が残るようなクセになるカレーの味。目と耳と舌で楽しめるカレーパン。

ブーランジェリーラセゾン
住所:東京都渋谷区代々木4-6-4エクセレント代々木1F
営業:7:00〜20:00
休日:月曜日

第3位 カトレア 元祖カレーパン

冒頭にもお話したカレーパン発祥のお店だと言われている(諸説あり)カトレアのカレーパンには2種類あり、楕円形の方が元祖カレーパン。外はさっくり、フィリングは甘味を感じ、なめらかでクリーミー。

そして、もう一つの丸い方が、辛めなカレーパン。スパイスがかなりきいていて、味にパンチがあるので辛いのが好きな人はこちらを気に入るかも。断面図をみると辛味の強弱が分かるかと(笑)

2種類あると迷うという方は、まずは元祖の甘い方から食べてみることをオススメします。

カトレア
住所:東京都江東区森下1-6-10
営業:[月〜金] 7:00〜19:00 [土・祝] 8:00〜18:00
休日:日曜日

第2位 ブーランジェリーセイジアサクラ チーズカレーパン

1位と2位は、本当に甲乙つけがたく、かなり迷った結果このようなランキングに。

ブーランジェリーセイジアサクラのカレーパンは揚げではなく焼カレーパン。四角い包み込むような形をしており上にもチーズがかかっているのだが、実は中にもフィリングと一緒にチーズが入っている。

一つ一つの具材の形が分かるくらい大き目にカットされているので食感も良く、辛味の効いたカレーをこのチーズがうまーく包みこんでいて焼きたてを食べた時は悶絶するくらい旨みが口の中に広がる。

ブーランジェリーセイジアサクラ
住所:東京都港区高輪2-6-20 朝日高輪マンション104号
営業:9:00〜18:30
休日:木曜日

第1位 ツオップ カレーパン

パンマニアの聖地でもあるツオップ。300種類以上あるパンの中から看板パンになるだけあって、ツオップのカレーパンは一味違う。

まずは一口目のさっくり感に驚く。専用のパン粉を使っているということもありパン粉自体きめ細かい。全体に火が通るくらいきちんと揚げられている(色も他のカレーパンより濃い)のに油っぽくなくさらりと口どけ良く香ばしい。カレー自体は甘すぎず辛すぎず、クリーミー。全体的にそれほど辛くないので子供も好きな味なのだ。

とは言っても、15種類のスパイスを使っているので味に奥行を感じる。これは以前、店主の伊原氏に聞いたのだが、カレーパン専用の小さなフライヤーを使ってるのだそう。その理由が、その方がいつでも揚げたてを食べてもらえるからという優しさにも感動した。

ツオップ

住所:千葉県松戸市小金原2-14-31F
営業:6:30〜18:00
休日:無休 夏期冬期休業はあり

おにぎりしかり、饅頭しかり、日本人は何かを包むというDNAが根強く残っており、カレーパンには懐かしさや安心感を感じられずにはいられない。おせちに飽きたらカレーだよ! ということで、そろそろカレーが恋しくなっているアナタ! パン屋さんにカレーパンを求めてGOGO!!