クリストファー・ノーラン監督新作「ダンケルク」は第2次世界大戦が舞台。

写真拡大

「インセプション」や「ダークナイト」のクリストファー・ノーラン監督が、第2次世界大戦を舞台にした映画「ダンケルク」のメガホンを執ることになった。ノーラン監督自らが脚本を手掛け、これまでもずっとタッグを組んできている妻エマ・トーマスとともにプロデュースも行う。

ワーナー・ブラザースのクリエイティブ・ディベロップメント・アンド・ワールド・プロダクションのトップであるグレッグ・シルヴァーマン氏は、「これまで最も評価の高く商業的にも成功している映画の作ってきたクリストファー・ノーランとさらにコラボレーションを続けていくことを楽しみにしています」「『ダンケルク』には人々の心を捕らえる強いストーリー性があり、クリスとエマ、そしてキャスト陣が映画の中でそれを実感するのを見るのが楽しみです」とコメントしている。

キャストの名前はまだ正式には発表されていないものの、マーク・ライランス、ケネス・ブラナー、トム・ハーディらが出演交渉を行っている模様だ。

2014年には大ヒット作「インターステラー」の監督を務めているノーランは、ロンドンに住むティーンエイジャーを対象に新作「ダンケルク」の主役候補を探し始めたようで、一部のキャスト発表も近いとみられている。

第2次世界大戦下の北フランスの町からの軍隊退却の模様を描く「ダンケルク」は、2017年7月に公開予定。