あったかスイーツや変わりお雑煮も。表参道ヒルズに新年限定の「紅白福メニュー」5選

写真拡大 (全5枚)

初詣をしたり、新春セールを楽しんだり、東京でお正月を過ごす予定なら、その期間にしか味わえない限定メニューもぜひ味わいたいもの。例えば、「表参道ヒルズ」では、2016年1月1日(金・祝)から1月17日(日)の期間、館内のレストラン・カフェ13店舗で「紅白福メニュー」を提供する。お餅や黒豆などの食材を使った料理や紅白の色が印象的なスイーツは、華やいだ新年のムードにぴったり。

店舗によっては、1月17日以前に提供終了のところもあるので、早めの来店がベター。写真は、本館3階にある「R Style by 両口屋是清」で1月5日(火)まで限定の「福々雑煮(ドリンク付き)」(1500円)。エビ、湯葉、お餅が入ったお雑煮は、タイのダシがじんわりと体を温めてくれそう。“まめ(健康的)に暮らせますように”という思いを込めて、小皿に盛られた黒豆が付く点もお正月感いっぱい。

このほか、特におすすめのメニュー4点を編集部がピックアップ。初詣やショッピングの合い間にいただいて。◆新春にぴったり贅沢ランチ2種をいただいて


おせち料理やお雑煮ではないものが食べたい…そんな気分の女子は、本館3階にある「ゴールデンブラウン」の「ローストビーフとごぼうのホットサンド」(2160円)をチョイスして。こちらは、ポートワインとフォンドボーを煮含めたゴボウとジューシーなローストビーフが相性抜群の一皿。ホースラディッシュの爽やかな香りと辛さがアクセントに効いている。


また、お雑煮といっても、薬膳風なら気分が違うはず。西館1階の「フォービドゥン フルーツ」からは、甘酒と雑穀がベースのお雑煮「五穀と麹の甘酒雑煮」(2160円)が登場。クコの実や高麗ニンジン、ショウガや青トウガラシなど、体にやさしい野菜や漢方がたっぷり入っているのも嬉しいところ。オマールエビとマダイが入っている贅沢さに、各日10食の限定メニューというのも頷ける。

◆冷えた体を温めるあったかスイーツ2種をチェック


寒い戸外で初詣をしたら、その帰り道では温かくて甘いスイーツを楽しみたいところ。そこで注目したいのが、本館地下1階にある人気の「トラヤカフェ」で1月14日(木)までの期間、いただくことができる「紅白白玉入 福汁粉セット」(1500円)。

ほうじ茶風味の葛汁粉に、ほんのりイチゴの味がする紅白の白玉を浮かべたお汁粉は、おめでたい見た目が運気をアップしてくれそう! 別添えのクルミ入りのおこしはそのまま食べるのはもちろん、お好みでお汁粉に入れて食べても美味。ドリンク付きで、コーヒーか紅茶、煎茶から選ぶことができるので、後味もすっきり。 


洋風がお好みなら、本館3階の「デルレイ カフェ & ショコラティエ」に立ち寄って。同店では14時から金箔が艶やかな「ショコラスープに浮かんだ苺大福」(1800円)がいただける。

イチゴジャム入りのホワイトチョコレートムースと「あまおう」をクレープにのせてから、牛皮で包んだ冷たいイチゴ大福と、温かいチョコレートスープは、温度差が絶妙なバランス。1月4日(月)までと短い期間の提供なので、気になる女子は早めに立ち寄って。