勇壮な祭りやご当地グルメも!東京ドームで「ふるさと祭り東京2016」が開催

写真拡大

全国各地のお祭りとご当地の味が大集合する、年に一度の「ふるさと祭り」が、東京ドームに今年も里帰り。人気企画や新企画が揃ったお祭りに、2016年も期待が高まる。

2016年1月8日(金)から17日(日)までの10日間、「東京ドーム」では「ふるさと祭り2016−日本のまつり・故郷の味−」を開催する。今年で8回目となる人気のイベントは、昨年10日間で延べ42万人を動員したとか。
同イベントは、お祭り広場とふるさとステージで展開する「祭り」と、寿司フェスタやどんぶり選手権などの「食」に分かれ、それぞれに全国各地の有名どころが一同に勢揃いするのが特徴。今回、「祭り」の見どころは、秋田県能代市の伝統的な七夕行事に登場する、高さが24.1mという日本一の城郭型灯籠(とうろう)「能代七夕『天空の不夜城』」。お城の形をした巨大な灯籠が練り歩く様子は、迫力たっぷり。

このほかにも、飾りのついた山車を豪快に曳きまわす「青森ねぶた祭り」や、軽快な太鼓のリズムが響く「沖縄全島エイサーまつり」など、全国各地のお祭りが日替わりで楽しめる。


「食」で注目の新企画は、全国の有名回転寿司店9店と特別参加1店の参加による「全国回転寿司デカ盛り寿司フェスタ」。ご当地の素材を生かして、今回のイベントのために開発された「デカ盛り寿司」は、ここでしかいただけない逸品ばかりだとか。

「世界の寿司シェフが技術を競う『グローバル寿司チャレンジ』で、2015年の世界チャンピオンになった独楽寿司(神奈川県)の地引淳さんが監修した『とろけるエンガワ寿司 トリュフ塩味』(500円)をはじめ、岩手のあわびや富山の寒ブリなど、各店自慢のオリジナルをぜひ味わってください」と、担当者さん。


また、恒例の人気企画、「第7回全国ご当地丼『選手権」も開催される。こちらは、9月の予選会を勝ち抜いた11のどんぶりと、写真の「十勝牛とろ丼」をはじめとする前回上位の4つの「シードどんぶり」が投票によってナンバーワンの座を競うもの。1杯500円で食べ比べができるから、故郷の味や好みのどんぶりを応援して。

「投票対象外ですが、これまで2度のグランプリに輝いて『殿堂入り』を果たした『食堂丸善』(北海道)の『うにめし丼』も食べることができます」(同)

全国の名店17店が集結する「ご当地スイーツストリート」も見逃せない。こちらには、特産のハスカップが甘酸っぱい「十勝汁粉 ハスカップジャム添え」や青森県産リンゴのおいしさがたっぷり味わえる「紅玉のクールジュレ」、旬のあまおうを贅沢に使った「カヌレあまおうボウル」など、その土地の産物を取り入れたスイーツがラインナップ。


昨年好評だったプログラム「女子が嬉しいはっぴーあわー」は、1月13日(水)に開催。この日は、全国から30以上のゆるキャラが登場する「ゆるキャラ(R)ふれあいひろば」や、青森のねぶた囃子などを一緒に楽しめる新企画「みんなで踊れるはっぴーステージ」など、女性だけが参加できるイベントが盛りだくさん。

「全国の銘品を販売する「にぎわい市」でのプレゼントや、北海道グルメを390円で味わえるなどの特典もご用意しています。また、女性限定で、お祭り衣裳の貸し出しも予定しています」(同)

開催期間中の水・木・金は営業時間を21時まで延長しているので、仕事帰りに飲みたい女子は、こちらもチェックして。全国の100種類以上の地酒・地ビールが味わえるから、ご当地グルメと一緒に楽しんで。


このほか、「炊きたてごはん」(1杯200円)片手に全国から選りすぐりの「ごはんのおとも」を揃えた市場を巡って「自分だけのわがままな1杯」を完成できる「絶品!逸品!ちょいのせ市場」もおすすめ。こちらでは、福岡県の「辛子明太子」や滋賀県の「近江牛」など、絶品おかずをちょいのせサイズで購入できる。

また、300を超えるブースが並ぶ「にぎわい市」もチェックして。ブランド牛などのA級グルメからご当地で話題のものまで、幅広いご当地グルメが充実。実演販売や試飲・試食も多数行っているので、お気に入りを探すだけでも楽しそう。

故郷の懐かしい味や、行ってみたい地方のお祭りが満載の10日間。旅行気分で、全国各地を巡ってみて。