トレンディエンジェル斎藤司さん(右)とたかしさん〜吉本興業HPより

写真拡大

漫才日本一を決めるM-1で、「トレンディエンジェル」が優勝した。トレンディエンジェルは、斎藤司さんと、たかしさんの2人のコンビ。

 斎藤司さんは、頭頂部に残ったすくない頭髪をボサボサに放置しており、あわせてノーネクタイの背広姿で、なげやりな会社員というスタイルでしゃべる。対して、たかしさんはすくない頭髪を伸ばして、これにオイルを塗って光らさせている。頭部を左右に揺さぶることで、頭頂部に残った長い、しかし、少ない頭髪がふわりと動くことで、トークのリズムと、頭髪の動きをつなげて、広いおでこを露出させる。こうすることで、笑顔と表情が観客にしっかりと届くという演出をしている。
 
 どちらも、ハゲであるという個性を武器に、ハゲネタを使っての漫才をすることは、ライバルの中で勝ち残るために必要な戦略だったのだろう。
 
 ところでハゲとは何なのだろうか。病気なのだろうか? 自然現象なのか? 医学的には「脱毛症」と呼ばれる。さまざまな原因で脱毛症になるが、一般的に、男性の加齢に伴う脱毛症は病気とみなされていないが、そのメカニズムは解明されている。

 男性ホルモンの「テストステロン」から生成されたDHT(ジヒドロ・テストステロン)という物質が原因である。このDHTが毛根細胞に作用すると、正常な発毛サイクルが変化する。正常な毛根細胞であれば数年間発毛するのだが、DHTが作用した毛根は、数か月から1年で発毛活動をやめてしまう。こうした脱毛症は一般的に男性型脱毛症(AGA)と呼ばれる。

AGAに有効なのはミノキシジルとフィナステリドだけ

 基本的に男性型脱毛症(AGA)の根治療法はない。対処療法としては、発毛剤などの塗布がある。効果の疑わしいものが多い中で、医学的なエビデンスのある治療剤は2つ。ミノキシジルとフィナステリドだ。この二つが男性型脱毛症(AGA)の代表的な治療薬として日本皮膚科学会の「男性型脱毛症診療ガイドライン」の報告書の中で「発毛効果が最も高い」と報告された成分だ。

 ちなみに男性型脱毛症(AGA)の女性版は女性男性型脱毛症(FAGA)と呼ばれ、頭髪が全体的に毛量が少なくなり、特に頭頂部が薄くなりやすく地肌が透けて見えるようになる。これにはホルモンバランスの乱れ、血行不良など様々な要因がある。

 また、男女問わず起きるものとして円形脱毛症がある。突発的に十円玉ほどの大きさで脱毛するのが特徴で、自己免疫性疾患が原因と考えられている。

 商品名リアップで知られ育毛剤の主成分がミノキシジルであり、頭皮に塗布して使用する。第二はフィナステリドは医師が処方し、1日1回の内服による。男性ホルモンの作用を抑制するもので。頭髪だけに限定して作用するわけではない。ため、副作用として全身が毛深くなることがある。

 ほかには、毛髪を頭皮に移植する「植毛」という方法もある。これは美容外科に属する。一般的な医療行為としてはみなされてはいない。植毛の課題は、一定の時間がたつと、植毛した毛髪が摩滅して、抜け落ちてしまうか、切れてしまうことである。

ハゲ隠蔽文化に風穴を開ける!

 トレンディエンジェルの2人は、加齢による脱毛症と思われる。加齢には個人差がある。この二人の毛根細胞は、一般的な男性よりも、早く老化した、あるいは、男性ホルモンが一般よりも多く毛根細胞に作用し、脱毛が促進したものと考えていいだろう。

 映像で見る限り、どちらも男性型脱毛症のO型タイプのハゲ。側頭部と後頭部は、男性ホルモンの影響を受けやすい細胞が少ないため、それ以外の箇所の髪が細く、薄くなるためにMやU、O型に進行するのだ。 

 ハゲについては治療法よもり、メンタルの影響が大きいことが知られている。若くして脱毛症になると、多くの場合、容姿に自信がもてなくなり、引っ込み思案になってしまうのだ。
 
 この二人の漫才をみていて、気づくことがいくつかある。
 第一に、ふたりとも、ハゲによる羞恥心や、社会恐怖の感覚がなくなっていること。あるのかもしれないが、仕事中はそれをまったく感じさせない。プロである。
 
 これは新しいセンスの芸能人の登場だと言える。日本の禿頭文化は特殊である。現代日本男性のハゲに関する研究書を読むと明らかな事実として、ハゲを隠す、という隠蔽文化がある。街を歩けばわかるが、日本の男性の多くは、ハゲ頭を露出して、生きることをしていない。立派なハゲ頭の人と出会うことがまったくといっていいほどない。立派なハゲが不在の、ハゲ文化不毛の国なのである。
 
 ではハゲの人はどこにいるのか? テレビコマーシャルで見るように、大手かつらメーカーのつくるかつらを着用しているか、植毛や発毛ビジネスの顧客になってしまっている。ハゲは隠す、隠さなければならない、という強迫観念にとらわれている日本人が大半なのである。
 
 日本ではブルース・ウィルスのようなハゲのスターが現れない、そういうハゲを賛美する文化がないのである。
 
 そういうハゲ隠蔽文化のなかで、元気なハゲのコンビが、ハゲネタで自分自身を笑いのネタにしながら、人気者になっていく。これは、社会的な弱者になって、つねにからかいの対象になることにおびえている、日本ハゲ男子にとっては、カルチャーショックであろう。勇気をもらっているハゲ男子は多い。ハゲの世界のブレークスルーだ。
 がんばれ、トレンディエンジェル!!
(文=編集部)