香港の禁書販売店で5人目の失踪者 中国本土で販売禁止の本を多数取り扱う

ざっくり言うと

  • 香港にある書店の親会社の大株主男性が15年12月30日、行方不明になった
  • 15年10月以降、同書店の関係者が失踪するのは5人目で、警察が捜査を始めた
  • 書店では、中国本土で販売が禁止されている本を多数取り扱っているという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング