リバプール、ブンデス2部からスウェーデン代表FW獲得に関心か

写真拡大

▽リバプールが、1月の移籍市場でブンデスリーガ2部に所属するRBライプツィヒのスウェーデン代表FWエミル・フォルスベリ(24)獲得に関心を示しているようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。

▽前半戦終了時点でリーグ11位タイの22ゴールと得点力不足に陥っているリバプールは、1月の移籍市場で攻撃陣のスケールアップを目指している。その中でユルゲン・クロップ監督は、母国のドイツから新たな攻撃オプションを加えたいと考えているようだ。

▽現在、リバプールが獲得を狙っているのは、知将ラルフ・ラングニック監督が率いるRBライプツィヒの左ウイングのフォルスベリ。2015年冬にマルメから同クラブに加入して以降、リーグ戦31試合に出場して5ゴールを記録している同選手は、2015年のブンデスリーガ2部のプレーヤー・オブ・イヤーに選出された実力者だ。

▽そしてリバプールは、フォルスベリの獲得に向けて900万ユーロ(約11億8000万円)を準備しているようだ。

▽なお、今回の報道を受けてリバプールサポーターは、同選手の容姿が元ブラジル代表MFルーカス・レイバに似ているとSNS上で盛り上がっているとのことだ。