〜メンタルヘルスの改善が期待できる照明が登場〜

lavigo

消費電力量を削減できる欧米生まれの照明スタイル、タスク・アンビエント照明のパイオニア ドイツ・バルトマン社の日本販売代理店である株式会社キャプテンインダストリーズは、太陽をシミュレートする色と光で体内ホルモン調整、疲労回復や仕事の能率アップに期待できるサーカディアンリズム機能を盛り込んだWaldmann(バルトマン)社製LEDフロアスタンドライト LAVIGO(ラヴィゴ)の新製品、デスク・マウントタイプを2016年1月中旬より販売を開始する。

LAVIGO(ラヴィゴ) デスク・マウントタイプ
LAVIGO(ラヴィゴ) デスク・マウントタイプ

■メンタルヘルスの改善が期待できる照明
比較評価の結果、「蛍光灯」に比べ外的ストレスの活性度が約50%減少するといった結果に。

照明による外的ストレスの変化例

同一環境のもと蛍光灯の明かり、次にサーカディアンリズム機能を用いたLEDフロアスタンドライトの明かりの順で連続照射した時に、人のストレス値がどのように変わるかを比較評価した結果、蛍光灯に比べ約50%も交感神経(LF/HF値:ストレス指標)の活性度が少ない傾向であることがわかった。

■LEDフロアスタンドライト「LAVIGO」の特徴

・ストレスチェック義務化対策としてメンタルヘルス不調改善が期待できる照明
・蛍光灯に比べ外的ストレスの活性度が約50%減少
・太陽のリズムにリンクする照明=サーカディアンリズム
・機器同士が通信し独立した島の孤独感を排除
・人の気配を見逃さない超高感度な人感センサーを装備
・直線で構成されたシンプルな無駄のない欧州デザイン
・間接/直接照明ともに、切り替え・調光が可能
・間接照明側をハイパワーに設計

体内ホルモンを調整するサーカディアンリズム照明。

オフィスにこもりがちで太陽の光を浴びず、体内リズムがくるってしまう現代において、期待したい照明の登場だ。

ReadWriteJapan編集部
[原文]