「アンネの日記」がオンライン上で公開 著作権の消滅めぐり論争に

ざっくり言うと

  • 「アンネの日記」が1日、仏研究者と国会議員によってネット上に公開された
  • 2人はアンネが亡くなって70年が経ったため、同作は公共財になったと主張
  • パブリックドメインになったかが著作権保有者との間で争われている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング