iPhoneの溜まったキャッシュを削除する方法,やり方/アイフォン

 

最初は楽々快適に使えるiPhone(アイフォン)のインターネット。しかし、使っているとだんだん速度が遅くなり、使いづらくなってしまうこともあります。

電波の状況が悪いわけではないし、特に故障している様子もない。そのような時は、もしかしたらiPhone(アイフォン)に蓄積されたデータが重すぎるのが原因となっているかもしれません。

スマホでネットの速度が遅い時、様々な改善の方法】があります。そこで今回はそのような速度を改善するための対策の一つとして、キャッシュを削除するやり方を紹介します。

キャッシュとは、以前に閲覧したことがあるサイトの情報の経歴のようなものです。例えば、以前閲覧したことがあるサイトのデータがキャッシュとして残っていれば、再度閲覧する時、そのキャッシュのデータを応用することで、素早く閲覧することができるようになります。

キャッシュを削除するということは、iPhone(アイフォン)のメモリの容量を軽くすることに貢献することができますので、ネット全般の速度は向上する可能性があります。ただし、毎度読み返しているお馴染みのサイトの閲覧スピードが落ちるリスクがあるといったデメリットもあります。

そのため、実践するなら月に一回など、時間を空けてキャッシュを削除した方が良さそうですね。

 

■iPhone(アイフォン)のキャッシュを削除する方法

iPhone(アイフォン)でキャッシュを削除するためには、まず【設定】をタップします。設定タップ

 

次に【Safari】をタップします。サファリ

 

履歴とWebサイトデータを消去】をタップすると、キャッシュを削除することができます。履歴とデータを消去

iPhone(アイフォン)でネットを巡回し続けていると、キャッシュは勝手にどんどん溜まっていきますので、お気に入りのサイトの速度が落ちるデメリットを考慮しつつも、定期的に削除しておいた方が良さそうですね。