「ADHD治療薬」の巨大な市場、その安全性は?

写真拡大

日本では覚醒剤に指定されている薬(アンフェタミン)が、米国ではADHDと診断された子どもに処方されている。同治療薬の市場は、米国内で130億ドル規模と巨大だ。

Watch this on The Scene.

順番を待てない。癇癪を起こす。落ち着きがなくソワソワしている。ちょっとしたことを最後までやり遂げられない。騒がしすぎる。おとなしすぎる。

「「ADHD治療薬」の巨大な市場、その安全性は?」の写真・リンク付きの記事はこちら

あなたの子どもや、あなた自身が子どもだったころ、あるいはあなたの知っている子どもに、こうしたことが当てはまらないだろうか?

こうした行動をとる子どもは注意欠陥・多動性障害(ADHD)かもしれない。

ADHDと診断される子どもは、男児が女児の2倍とされる。そして、その行動は投薬により「正常に戻す」ことができるとされている。

ADHDは、子どもが診断を受ける精神疾患のなかで2番目に多く、ADHD治療薬の市場は、米国内では130億ドル規模だ。アンフェタミンを長期間投与することが子どもの脳にどのような影響を及ぼすかについてはわかっていないが、投薬数は今後も増え続けるだろう(日本では、アンフェタミンは、精神依存・薬剤耐性により、反社会的行動や犯罪につながりやすいとして、覚醒剤に指定されており、ADHDの適応薬には別の種類の薬が指定されている。なお、米軍は、第二次世界大戦、ベトナム戦争、湾岸戦争を通じて、兵士たちにアンフェタミンを配布してきた(日本語版記事))。

米国精神医学会(APA)は先頃、ADHDの診断基準を拡大したばかりだが、同団体の資金の20〜30パーセントは製薬会社が出している。

ADHD治療薬「Adderall」(アデラル:アンフェタミンの商品名。日本では認可されていない)を製造するアイルランドの製薬会社シャイアー(Shire)社は2014年、たとえば学業成績の低下を防止するなど、ADHD治療薬としては対象にならない効能を謳って製品を販売したという申し立てを受け、米司法省に対して5,000万ドル以上の和解金を支払った。冒頭の動画は、ADHDをめぐる問題について解説したものだ。

TAG

ADHDDrugVideoWIRED US