いけばなや映像も!日本橋で新しい花の世界を体感する「FLOWERS BY NAKED」

写真拡大 (全3枚)

東京駅の3Dプロジェクションマッピングなどで知られるクリエイティブカンパニー「NAKED(ネイキッド)」が、いけばな草月流家元とのコラボなどで、初となる「花」をモチーフにしたイベントを開催するそう。咲いたり、散ったり、光ったり、さまざまに変化する「花」の表情を最新技術で楽しんで。

2016年1月8日(金)から2月11日(木・祝)まで、「COREDO室町1」の5階にある「日本橋三井ホール」で、新しい形の花のイベント「FLOWERS BY NAKED(フラワーズ バイ ネイキッド)」が開催。こちらでは、回廊のように進んでゆく会場の中で、映像や香りなどで演出された7つの作品によって「花」を体感できるとか。

エントランスは4階にあり、これから始まる「花」の世界を象徴するように大きな本の形の案内板が、美しい蝶とともに出迎えてくれる。ここで、「FLOWERS BY NAKED」のストーリーが映像によるマッピングで語られるそう。

会場に入って最初に目に付くのは、「Dandelion Clock(ダンデライオン クロック:タンポポ時計)」と呼ばれる、直径2m50cm、高さ6mの筒状のオブジェ。一見透明に見える壁面は太いテグス(釣り糸)状の素材を編みこんだもので、そこがスクリーンになっているとか(写真はイメージ画像)。

「筒の中には3〜4人が入れます。中心にあるタンポポの綿毛のオブジェに息を吹きかけると、6メートルの筒状のスクリーンに100万本もの美しい綿毛が舞い上がります。舞い上がる綿毛は中からも外からも楽しめます」と、広報担当者さん。

入り口付近には、壁の前を通ると人の動きを感知して花が開く仕掛けになっている「Mosaic Flowers(モザイクフラワーズ)」が広がり、こちらではモザイクのように変化してゆく花が見られる。人によって咲き方が違うので、どんな花が咲くかは歩いてみてのお楽しみだそう。

さらに、その先には凍りついた花々が、光を感じて変化する「FLOZEN FLOWERS(フローズン フラワーズ)」のコーナーが。こちらは「冬の花園」といったイメージで、光が流れ込むと花が広がるとか。

イベントの目玉は、やはり、いけばな草月流家元・勅使河原茜さんとネイキッドの大型コラボレーション作品「植物の繭」。回廊の中心に置かれたこの作品は、草月流らしい造形的な生花がポイント。

「ほかと違って、これだけは映像も“和”をイメージしたものになっています。いけばなは2日に1度くらいのペースで活けかえるため、常に変化する作品でもあります」(同)


この「植物の繭」から和紙のトンネルで桜にかかる霞を表現した「花霞(はながすみ)」を通り抜けると、光り輝く花びらが舞う「桜彩(おうさい)」に。

こちらでは、会場全体に桜の花びらが舞う中、「日本酒」(1200円〜)やビアカクテルの「キンモクセイのパナシェ」(1200円)、赤ワインベースの「桜のワインクーラー」(1200円)などを飲みながら、パティシエ辻口博啓とのコラボレーションスイーツ「ショコラ 和楽 さくら」(400円)などのフィンガーフードで「日本一早いお花見」が楽しめる。

会場の最後には、突然色鮮やかな試験管やボトルが並ぶ「GARDEN LABO(ガーデンラボ)」が。ここでは、花のアロマや精油などが漂い、五感で花を感じられる。また、使われているアロマはミストやディフューザーなどで販売も予定されているそう。

生花、オブジェ、映像、香り、ドリンク&フード…さまざまな演出で、ここでしか見られない「花」を体感できるイベント。新しい年の始めに、アートな花遊びを楽しんで。