年末年始はアルコールを飲む機会が多く、毎日が二日酔いという方も多いのではないでしょうか? 二日酔いにはシジミがいいと言われますが、これはシジミに含まれるタウリンやオルニチンなどの成分によるものです。二日酔いのためにシジミを食べるなら、シジミの味噌汁がおススメですよ。

シジミに含まれるタウリンとオルニチンの効能は?

アルコールは肝臓で分解され、体外に排出されます。飲み過ぎて二日酔いになった時は、肝臓がフルに活動してアルコールの分解をしている状態です。自分の肝臓の代謝能力の範囲内で飲めば二日酔いにはなりませんが、代謝能力を超えて飲んでしまうと二日酔いの症状となってしまうのです。シジミに含まれるタウリンには肝臓全体の働きを促進する効果が、オルニチンには肝臓がアルコールを分解する働きを促進する効果があります。アルコールの分解という点では、オルニチンの方が効果的です。

どうしてシジミ汁が二日酔いにいいの?

二日酔いの改善が目的なら、シジミだけを食べるよりもシジミ汁を飲む方が効果的です。アルコールは肝臓で分解されますが、その後でスムーズに体外に排出するためには水分が必要です。ところが、飲み過ぎた後の体は水分が不足することが多いのです。シジミ汁なら水分を補給することができるため、便や尿の排出が促進される効果があります。シジミ汁を作るときは味噌を使いますが、味噌も飲んだ後にはぜひ摂りたい栄養がいっぱいの食品です。味噌の原料の大豆はリノール酸が多い食材。リノール酸には脂肪分を排出する効果あるので、アルコールが脂肪として肝臓に蓄積するのを防ぐ効果があります。豊富に含まれる食物繊維もお通じに効果的ですし、味噌に含まれる微生物は体内の有害物質を排出する効果があります。

いかがでしたか? シジミ汁なら、シジミの有効成分だけでなく水分や味噌を一緒に摂れるので、相乗効果で素早く二日酔いを解消してくれます。味噌は消化促進効果や整腸作用もある食品。食べ過ぎにも効果的なので、ぜひ、シジミ汁を試してみてくださいね。


writer:岩田かほり