中国受注のインフラで延期やトラブルが多発 インドネシアの鉄道にも暗雲

ざっくり言うと

  • 中国企業が受注した東南アジアの大型インフラ案件でトラブルが後を絶たない
  • インドネシアの高速鉄道計画は着工が遅れ、2019年開業が危ぶまれる状況
  • 事業費が大幅に膨らむケースが多く、政府が振り回されるケースも少なくない

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング