▽1日に行われた天皇杯決勝の結果を受け、来季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)におけるJリーグ勢(広島、G大阪、浦和、FC東京)のグループステージ組み合わせが確定した。

▽1日に味の素スタジアムで行われた天皇杯の決勝は、G大阪が1-2で浦和に勝利。この結果、G大阪は、メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)、水原三星(韓国)、東地区プレーオフの勝者(中国、タイ、マレーシア)のグループGに入ることとなった。一方の浦和は、前回王者の広州恒大(中国)と同組のグループHに入ることが決定している。

▽そのほか、Jリーグ勢では、J1王者の広島がグループFに入ることが確定。プレーオフからの出場となるFC東京は、勝ち上がればKリーグ2連覇中の全北現代(韓国)と同組のグループEに組み込まれる。Jリーグ勢のグループステージにおける組み合わせは以下のとおり。

《東地区》

グループE

全北現代(韓国)

江蘇舜天(中国)

ビン・ズオン(ベトナム)

東地区プレーオフの勝者(FC東京、タイ、ミャンマー)

グループF

広島(日本)

FCソウル(韓国)

ブリーラム・ユナイテッド(タイ)

東地区プレーオフの勝者(オーストラリア、中国、インド、シンガポール)

グループG

メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)

G大阪(日本)

水原三星(韓国)

東地区プレーオフ(中国、タイ、マレーシア)

グループH

広州恒大(中国)

シドニーFC(オーストラリア)

浦和(日本)

東地区プレーオフ(韓国、ベトナム、香港)