「連続沸騰うまみ空間」で沸騰初期の加熱量を高める!(写真は「RC‐4ZWJ」グランホワイト)

写真拡大

東芝ホームテクノは、IHジャー炊飯器「備長炭かまど本羽釜」の小容量タイプ、2.5合炊きの「RC‐4ZWJ」を2016年1月上旬から、「RC‐4ZPJ」を2015年11月中旬に発売する。

「おねば」がコメを包み込む

内釜の形を昔ながらの羽釜の形にすることで、かまど炊きのおいしさを実現。「備長炭かまど本羽釜」は羽釜同様に羽から上の空間を広く取る、「連続沸騰うまみ空間」で、沸騰初期の加熱量を高めて、かまど炊きのおいしさを引き出す連続加熱、連続沸騰を可能にした。この連続沸騰のあいだに、たっぷり引き出されたうまみ成分(おねば)が、コメの一粒一粒を包み、バランスのよいかたさと粘りで炊きあがるため、ごはんの甘みは従来機種と比べて約12%アップした。

また、内釜の周囲に設けた羽は、「羽釜」の羽本来の役割のとおり、熱を閉じ込め羽から下の空間を高温に保つ。

「備長炭かまど本羽釜」は溶湯鍛造製法で発熱効率の高い「鉄」と熱伝導のよいアルミを一体成型して、大火力をすばやく釜内に伝える。また、遠赤効果のある備長炭を入れたコーティングした、「備長炭入り遠赤外線コート」を内釜の外面と内枠リングに使用。さらに小容量でもおいしく炊きあげられるよう、消費電力1000ワットの火力を採用した。

しっかりとひたして大火力でおいしく炊きあげる「かまど名人」コースは、「おすすめコース」のほか、「しゃっきり」「もちもち」「やわらかい」と4とおりに炊き分けできる。専用の「麦ご飯」コースも搭載した。

「RC‐4ZWJ」には「スマートタッチパネル」を搭載。直感的な操作を可能にした。

オープン価格。