お正月には「お屠蘇を呑む」という風習が古くから伝えられています。でもなかなかお屠蘇に含まれる生薬や薬効については知らないかもしれませんね。今日はお屠蘇のパワーについてご紹介しましょう。

お屠蘇にはどんな意味があるの?

「屠蘇」には邪気を「屠(ほふ)」り、魂を「蘇(よみがえ)らせるという意味が込められています。正式な名称は「屠蘇延命散」。これにお酒やみりんを加えてお正月に呑みます。お屠蘇をただの日本酒と思っていたら大間違い!毎年元旦にお屠蘇を呑むと、邪気が取り払われて1年間家族が健康に過ごせるという言い伝えがあり、今でもお屠蘇の風習が続いています。日本には平安時代に中国(唐)から伝えられました。

お屠蘇にはどんな生薬が含まれるの?

お正月にいただくお屠蘇は量が少ないので、薬効を期待して呑むわけではありません。でも、血流を促し、胃腸のはたらきを活性化して、風邪にかかりにくくする生薬が多く含まれています。例えば次のようなものが含まれていることが多いようです。

桔梗(キキョウ)の根:痰を摂り除く作用、鎮痛・鎮静作用。
山椒(サンショウ)の実:抗菌・健胃作用。
陳皮(チンピ):ミカンの皮。健胃作用、吐き気の除去。
肉桂(ニッケイ)の樹皮:別名シナモン・ニッキ。発汗・解熱・鎮静・鎮痙・健胃作用。
白朮(ビャクジュツ)の根:鎮静・利尿・健胃作用。
防風(ボウフウ)の根:発汗・解熱・抗炎症作用。

実はお屠蘇は自分でも作れてしまいます。でも面倒だと感じる人がほとんどのはず。今日は神社に初詣に行きお屠蘇をいただきましょう。一年の計は元旦にあり!今日の過ごし方で一年が決まるともいわれます。皆様にとって素晴らしい一年となりますように。


writer:松尾真佐代