カカオのような香ばしさ楽しめる「チョコビール」

写真拡大

サンクトガーレンは2015年1月8日、「チョコビール」4種類を発売する。通常のビールに使う麦芽を160度の高温で焙煎した、「チョコレート麦芽」を使用したビール。チョコレート麦芽がもたらすダークな色や、カカオのような香ばしい香り、ビターチョコやコーヒーを思わすほろ苦さを最大限に引き出している。

16年限定フレーバーはストロベリーチョコレートスタウト

「インペリアルチョコレートスタウト」は今年で発売11周年となる人気商品。通常の黒ビールの2.5倍以上の原料を使用しながら、1回の仕込みで通常ビールの半分程度しか量が出来ない「超特濃ビール」。シェイクのように固く真っ黒な泡が特長。価格は648円(税込、以下同)。

「ストロベリーチョコレートスタウト」は16年の限定フレーバー。「チョコレートモルト」を使用した濃厚な黒ビールに甘酸っぱいイチゴがアクセントとなっている。栓を開けるとイチゴの甘い香り、口に含むとビターな味わいが広がる。使っているイチゴは瑞々しく甘味の強い「とちおとめ」。価格は540円。

「オレンジチョコレートスタウト」には橙(だいだい)が使用されている。皮ごと細かく刻み、ジャムをつくるように長時間煮込んで風味を凝縮した。オレンジの皮も身も丸ごと使用しているため、飲んだ後にはマーマレードのような皮の苦味がある。価格は540円。

「スイートバニラスタウト」はエスプレッソのように濃厚な黒ビールにバニラの香りを溶け込ませた。飲み口は甘くまったりで、後口はバニラチョコのような印象だという。エッセンスは添加せず、パプアニューギニア産のAグレードバニラを使用。価格は463円。