野口英世は1928年5月21日、享年51で死去(shutterstock.com)

写真拡大

 古今東西、偉業を成し遂げた天才科学者は数知れない。だが、日本が国家の近代化・西欧化に躍起になっていた明治初期の黎明期に、「西洋医学のパイオニアになる!」と意を決して単身渡米、世界を股に駆けながら、身を挺して未知の細菌やウイルスと闘った科学者といえば、野口英世のほかに見当たらない。

 英世は、1876(明治9)年11月9日、福島県耶麻郡三ッ和村三城潟(猪苗代町)の貧農家の長男坊(幼名は清作)として生まれる。北に磐梯山、南に猪苗代湖。百年一日、風景も風土も人柄も昔ながらの鄙びた村落は、野口には忘れられない望郷の桃源郷だった。

 生家は、代々裕福な富農だったが、父・佐代助の酒癖が祟って家は傾き、日々の寝食さえもこと欠く。一家を支えたのは、働き者の母・シカ。夜明け前から日没まで田畑を耕し、育児、家事の一切を切り回しながら、読み書きを知らない文盲から苦学して、産婆(産科医)で身を立てる。生涯に2000児もの赤子を取り上げた堅忍不抜の良母だった。

大火傷した左手が開いた医師への道

 1歳半の時、命運を決する瀕死のアクシデントが英世を襲う。近くの小川で洗い物をしていたシカは突如、耳をつんざく泣き声に気づく。慌てて駆けつけると、囲炉裏に落ちて、左手が焼け焦げた無惨な英世の姿が......。近隣に医者はない。懸命の手当の甲斐なく、指は手の平に固く癒着したまま開かない。

 小学校に入学した英世は、固く閉じた指をからかう悪ガキたちの心ないイジメに晒される。英世は、耐えつつ胸に誓う。「絶対に一番になるぞ!」。半年後、学内トップの成績で学術優等賞を受ける。負けん気の強さと利発さがムクムクと頭角を現す。だが、「左手が不自由じゃ田は耕せねェ、学問の道で身を立てねば!」とシカに励まされ、英世は背筋を伸ばす。

 15歳、会津若松の開業医・渡部鼎(わたなべかなえ)の執刀で手術は成功。左手の指先は不自由ながらも動いた。医者になる決意を固める。17歳、渡部医師から医学や細菌学の基礎を学ぶ。英世の勉学出資の後ろ盾になる高山高等歯科医学院の歯科医師・血脇守之助と知り会ったのも、この頃だ。

 21歳、医師免許の臨床試験で必須の打診ができないため、帝国大学外科学教授・近藤次繁の執刀で再手術。打診が可能になり、医師免許を取得。だが、開業資金がなく、左手のコンプレクスから開業医を断念、学者を志す。血脇医師の計らいで順天堂医院の助手となり研鑽を積む。22歳、順天堂医院長・佐藤進の紹介を受け、血清療法の開発者・北里柴三郎が所長を務める伝染病研究所に入所できる幸運もあった。

 坪内逍遥の小説『当世書生気質』に登場する、借金にまみれて自堕落な生活を送る「野々口精作」の名と「野口清作」が酷似していることを嫌い、改名。借金しつつ、遊郭などで遊興する自らの悪癖に辟易し、自責の念に駆られたのだろうか?

ノーベル医学・生理学賞にノミネート

 24歳、医師を志す女学生・斉藤ます子と婚約。婚約持参金300円(数百万円か?)を胸に単身アメリカへ。ペンシルベニア大学医学部でサイモン・フレクスナー博士と蛇毒の研究を重ね、アメリカ医学界に「ノグチ」の名を刻む。

 27歳、デンマークのコペンハーゲン血清研究所に留学、血清学の研究に専心。28歳、ロックフェラー医学研究所に移籍。29歳、血脇医師が婚約持参金300円を斉藤家に肩代わりして返済、斉藤ます子との婚約を破棄。

 37歳、梅毒スピロヘータを進行性麻痺・脊髄癆(せきずいろう)の患者の脳内に発見、生理疾患と精神疾患の同質性を初めて証明する。脊髄癆は、脊髄の後根と後索が侵される脳(脊髄)梅毒だ。小児麻痺の病原体特定や、狂犬病の病原体特定などの研究成果も発表。38歳、東京大学から理学博士の学位を授与される。ロックフェラー医学研究所の専任研究員に昇進。初めてノーベル生理学・医学賞候補になる。

 39歳、母との再会を願いつつ、15年振りに郷土の土を踏む。稲田龍吉と井戸泰のワイル病スピロヘータの研究や、伊東徹太のワイル病スピロヘータの純粋培養研究に感化される。2度目のノーベル生理学・医学賞候補となるが、受賞は逃す。

黄熱病に襲われ異国ガーナで無念の客死

 1910年代以降、南アメリカでネッタイシマカを媒介して感染する黄熱病が蔓延する。黄熱病はフラビウイルス属の黄熱ウイルスが起こす出血熱だ。頭痛、嘔吐、目まいに始まり、重症化すると、高熱、吐血、胃腸内出血、黄疸、腎不全などを発症し、わずか1週間で死に至る。黒い血塊を嘔吐することから、黒吐病の異名もある。死亡率は30〜50%。当時、病原体はまったく不明。世界中の細菌学者たちが血眼になって解明を急いでいた。

 42歳、英世はロックフェラー財団の要請で黄熱病が猛威を振るう南米エクアドルへ。黄熱病患者の血液を採取し、エクアドルの兵士1000名にワクチン投与、患者に血清注入。発症は収まり、死亡率も16%に減少。「黄熱病の病原体イクテロイデスを発見」と報道される。だが、アフリカの黄熱病に野口ワクチンは効かなかったため、病原体の真偽に疑念が残った。

 48歳、アフリカのセネガルで黄熱病が大発生。だが、英仏の研究者は、病原体のイクテロイデスは発見されない、野口ワクチンは効かないと緊急報告。英世は、教え子のエイドリアン・ストークス博士を現地に急遽派遣するが、感染は収束しない。

 50歳、英世はペルー疣(いぼ)とオロヤ熱が同一の病原である事実をバルトネージャ菌分離と猿による動物実験で検証。一方、南アフリカ出身のマックス・タイラー博士らは、黄熱ウイルスの単離に成功。黄熱病の病原がイクテロイデスとする野口説を反証する。

 「自分は間違っていたのか?黄熱病の病原体を特定せねば!」――1927年11月、西アフリカのガーナ共和国、アクラへ急ぐ。だが、死亡患者の血液から、病原体であるはずのイクテロイデスは検出できなかった。衝撃だった。

 「失敗したらまた、がんばればいいんだ。生きている限り何度でも。それが人間の特権だ」――12月、突然の悪寒と嘔吐に襲われる。翌1928年5月13日、黄熱病と診断されて入院。16日、一旦回復し食欲も戻る。18日、病状が悪化。21日、急逝する。診断からわずか8日、黄熱ウイルスの感染力の脅威!

 「なぜ終生免疫が続くはずの黄熱病に再度かかったのか、どうも私には分からない」――黄熱病と闘い続けた10年、研究途上の急死は無念だったに違いない。死後、イギリス植民局医学研究所病理学者のウイリアム・A・ヤング博士は、英世の血液をサルに接種したところ発症したことから、野口の死因は黄熱病と診断する。6月15日、ニューヨークのウッドローン墓地に埋葬された。

 英世が行った病原性梅毒スピロヘータの純粋培養と黄熱病の研究成果は、学術上、否定されている。だが、蛇毒の最初の病理学的な解明、ガラガラヘビ蛇毒の血清作製の基礎研究、梅毒スピロヘータの発見、ペルー疣(いぼ)と溶血性貧血によるオロヤ熱の検証など、英世が試みた顕微鏡観察による病理学・血清学的研究の新手法は、後の病理学や血清学の進歩に多大な影響を及ぼした。

 「努力だ、勉強だ、それが天才だ。誰よりも、三倍、四倍、五倍勉強する者、それが天才だ。忍耐は苦いが、その実は甘い」

 英世の墓碑には、こう刻まれた。

 HE LIVED AND DIED FOR HUMANITY.
 科学への献身により、人類のために生き、人類のために死す。


佐藤博(さとう・ひろし)
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。