プランタン銀座の目玉福袋(2万1600円)。『オトナ女子編』(上)と『おフェロ女子編』(下)

写真拡大 (全5枚)

 新春、お楽しみの福袋。買ってみたいが、いらないものも多くて結局お得にならないのでは…と見送る人もいるだろう。そこで、初心者にとっても、福袋ファンにとっても満足度の高い福袋を福袋コメンテーターの恩田ひさとしさんに聞いた。

 福袋の人気のバロメーターとなるのは「販売個数の多さ」と「整理券配布」。

「まず、この物が売れない時代に、販売個数が多いことの凄さを知っていただきたいですね。福袋はいま細分化されていて、作っても20〜30個ほど。それを今、何百個も出すのはすごいことなんです。服も昔に比べて数を作らないので、福袋分の確保に困るほど。その中で一つでも多くの福袋を作ろうとするのは、それが人気で確実に売れるからです。整理券を配るのも、かなり人気の証です」(恩田さん、以下「」内同)

 近年、「商品は良くても、気に入らないものが入っていたら嫌だ」というニーズが強まり、コンセプトの提案までしないと人気が出ないことから、今年は客のニーズにより細かく応えるなどの変化が見られる。

 そんな中、知る人ぞ知る、人気でお得感の高い福袋を教えてもらった。まずは衣服から。

 毎年必ず雑誌やテレビでも取り上げられるほど人気なのが、プランタン銀座の福袋。例年、開店前の整理券配布の時点で完売する目玉の福袋がある。今年のコンセプトは『キュンキュンしたいを叶える(ハート)胸キュン女子福袋』(2万1600円)で、シックな色とスタイルを取り入れた『オトナ女子編』と、かわいさと色っぽさをイメージした『おフェロ女子編』を各限定20点で販売する。

「この目玉福袋は、20〜30代のOLをターゲットにしたプランタン銀座の一番人気です。福袋ブームを生んだきっかけでもあり、ここ10〜15年の福袋の象徴みたいなもの。お得感もありますし、並んででも買いたい強力な個性があります。上から下までトータルでコーディネートされていて、そのまま着られるところが人気です。今は何万円相当と言わなくなりましたが、僕が見たところ、10万円相当は入っていました。10点入っていて、かなりお得です」

 買いやすさの点で、プランタン銀座よりも狙い目になるのは、松屋銀座の『GINZAのOL福袋』。コートやジャケット、ニット、スカートなど5点が入る通勤スタイルの『Weekday編』(1万800円)と休日スタイルの『Holiday編』を各200点販売する。

「数を200点も確保していることと、2005年から長年続いているところが人気の象徴です。銀座で働くOLをターゲットにしていて品がいい感じで、こちらもワンセットで着られます。傾向として、プランタンは9号から売り切れますが、松屋は11号からはけるので、9号の人は松屋を狙うのがいいと思います」

 白や色物のワイシャツがバランスよく5枚セットになっている、西武池袋本店の『ワイシャツ1週間福袋』(5400円)もサラリーマンに大人気。

「固定ファンががっちりついていて、2009年から続いています。2016年の販売は500点。500点も発売されるということは、ものすごいこと。毎年完売です。白系は1枚入っていて、青やピンク、黄色などのオーソドックスなカラーや、襟にデザイン性のあるものなどが4枚入っています。色の偏りがなく、バランスをとって入れているのもポイントです」

 人気の子供服の中でもとりわけ人気が高く、早々に売り切れるのが『ミキハウス』。発売するブランドは『ミキハウス』と『ミキハウスダブルB』で、店頭では1万800円と2万1600円の福袋を販売する。

「百貨店やショッピングモールなど多数ある店舗の中で、規模や売上により用意する個数が違います。一番少ないお店で50点、多いところで700点ほど。これが午前中に完売します。中身は発表していませんが、去年実績ではアウター以外の3、4点が入り、僕が調べたところ金額の2倍は入っていました。ミキハウスの服をこの値段で着られるのが人気の理由ですね。男女身長刻みなので個数は多くなるとはいえ、この数は常識外れ。行列は覚悟が必要ですね。早めに行くのが得策です」

 食品の福袋として異例の人気を誇るのが、東武百貨店池袋店の『福なべ袋』。具材は4種類あり、『ふくちり鍋』(3980円)限定50点、『名古屋コーチン鶏鍋』(3000円)限定100点、『黒毛和牛すき焼』(3000円)限定100点、『ロシア産しゃぶしゃぶ用たらばがに』(3980円)限定50点の合計300点。1人2点まで購入が可能。豪華な食の福袋で、整理券は1時間ほどで配布終了するほどの人気のため、開店と同時に売り場へ直行がオススメ。

「洋服も含め、ほとんどのジャンルで整理券配布はありませんし、食品の福袋は個数も多いので、整理券を配ることは稀です。福袋は洋服が一番人気で、雑貨があり、食品系は最後にが買い回りのセオリーで、食品の福袋は極端に人気になるのは珍しいこと。人気は、価格の倍ほどの内容になるお得感があります」

 食品系で同じくかなりの人気があるのが、松屋銀座の『生活応援招福袋』(3240円、限定350点)

「油、調味料、乾物、麺などが20〜25点入ったボリューム満点の福袋です。内容はトータルで8000円〜1万円くらいになります。普通、福袋を買いに行く人は福袋のチラシを見ると思いますが、こちらもチラシには全く載せない福袋です。それだけ人気ということですね。2002年から長年続いていて、知る人ぞ知るという。しかも350点という数が売り切れてしまう。実は私も今年初めて知りました」

 肉好きにオススメなのが、好きな肉の種類を400gずつ選んで2.8kg分組み合わせられる東武百貨店池袋の『松坂牛も選べちゃうお肉2.8kg分選べる福袋』(2万16円、限定5点)。

「いちばん高い松阪牛のヒレ肉も、ステーキなども400gずつ選べる。脂身の多い、少ないも好みで選べるのがいいですよね。さらに、くじ引きで大吉が出ると400g、中吉だと200g…とプラスされる上に、金額は5万円〜6万円前半もの内容になるそうです。価格は仕入れ値によって変わるので、細かくいくらとは言えませんが、松阪牛のヒレとロースだけでも2万円を超えるという話です」

 最後に、初めて福袋を買いに行く初心者に向け、コツを聞いた。

「とにかく早めに行くことですね。開店の30分前には行きたいですね。欲張らず、欲しいものに絞ってまわるのがコツです。現場は殺気立っていますし、足がむくむので動きやすい服装を。情報は、チラシの小さい文字までくまなく見ることと、SNSのチェックは必須ですね。“〜の福袋”と検索をかけて、面白そうな人のツイートを見つけると、どこの整理券がはけたとか、掲載されていない情報が発掘できることもありますよ」