イベント中は、京都の“うまいもん”がずらりと並ぶ

写真拡大

新年早々の2016年1月2日(土)から1月11日(月)まで、関越自動車道・三芳パーキングエリア(PA)上り線の催事場「アトリウム」において、「京都味の市」が開催される。このイベントは、和菓子を中心に、京都の“うまいもん”を集めた市となる。

【写真を見る】三芳PA上り線にある「アトリウム」では、販売イベントなどがたびたび開催される

京土産の代表格といえる「八ツ橋」(東山八ツ橋)は、王道のニッキだけでなくゴマ、塩キャラメル、苺などを用意。多彩なフレーバーに、どれを買おうか迷ってしまうほど。団喜の「大福餅」や「本造りわらび餅」、京都千鳥本舗の「宇治抹茶メープルケーキ」、「京都蒸しきんつば」なども要注目だ。そんな甘味を手にしたのなら、合わせて西出製茶場の「宇治煎茶」や「宇治玉露」も買いたい。

また甘味だけでなく、清水漬物商会の「料亭沢庵」や「刻み千枚漬」、京和楽の「京の梅しそちりめん」や「椎茸昆布」など、ふだんの食卓にあればちょっとうれしいグルメも販売を予定している。

営業時間は平日が11時から20時、土曜が10時から21時、日曜祝日が10時から20時。1月2日(土)は15時開店となっている。三芳PAを訪れれば、手軽に京の味覚を手にすることができる。【東京ウォーカー】