「あけおめことよろ」メール殺到によるスマホ通信規制発表情報 あけおメールまとめ(Photo by nenetus/Fotolia)【モデルプレス】

写真拡大

【モデルプレス】年が明け、新年を迎えた瞬間「あけましておめでとう」メールを友人・知人に送る人も多いはず。そんな時に毎年話題に上がるのが、あけおめメール殺到による遅延騒動。

大晦日から元日の午前0時前後の約30分間は、スマホなどが繋がりにくくなり、メールにいたっては約1時間ほど配信遅延が発生する可能性があるとのこと。そこで各キャリアは以下のように発表している。

◆NTTドコモ

NTTドコモは「1月1日(金曜)午前0時前から約30分程度(メールについては、配信遅延が発生する可能性があります)」と発表。インターネットの環境が万全ではなくなることから「つながりにくくなった場合は、しばらくたってからご利用いただきますようお願いいたします」としている。

また、iモードメール、spモードメール、ドコモメールの送信状況を宛先(ドメイン)ごとに確認できるシステムが備わっている。

◆au(KDDI)

auは「大晦日から元日にかけての午前0時頃から約30分間は、『おめでとうコール』や『おめでとうメール』が集中し、ケータイ・スマホがつながりづらくなる場合や、メールの配信遅延が発生することが予想されます」と発表。一昨年より1時間早く通信できるように改善された。

「携帯電話事業者としては、できるだけ多くの『おめでとう』のメッセージを届けてまいりますが」としつつ、「やむをえずお客さまのケータイ・スマホのご利用を一時的に制限させていただく場合があります」と説明が書かれている。

◆ソフトバンクモバイル、ワイモバイル

au同様、ソフトバンクとワイモバイルも一昨年より1時間ほど早く通信できるように改善。「大晦日から元日にかけての午前0時頃から約30分間は、『おめでとうコール』や『おめでとうメール』が集中し、ケータイ・スマホがつながりづらくなる場合や、メールの配信遅延が発生することが予想されます」としている。

「ソフトバンクでは、できるだけ多くの『おめでとう』のメッセージを届けてまいりますが、やむをえずお客さまのケータイ・スマホのご利用を一時的に制限させていただく場合があります」と述べている。

◆LINE

年々利用者が拡大しているLINEは昨年度は公式ブログにて「Wi-Fi設定をオンにしてインターネットに接続し、LINEをご利用いただくようお願い致します」と呼びかけていたものの、本年度の公式発表は特に行っていない。

2016年の幕開けまであと少し。混雑が予想されるため、「あけおメール」を送る際は事前に通信規制について把握しておこう。(modelpress編集部)