Rubyコミュニティはこのほど、「Ruby 2.3.0 Released」において、Ruby 2.3系の初の安定版リリースとなる「Ruby 2.3.0」の公開を伝えた。新バージョンでは多くの新機能が導入されている。

「Ruby 2.3.0」の主な新機能は次のとおり。

・フローズン文字列リテラルプラグマの導入。新しいマジックコメントが導入されたほか、ソースファイルに含まれるすべての文字列リテラルをフリーズさせるためのオプションを導入
・nilのハンドリングを容易にするための新しいセーフナビゲーションオペレータ(ロンリーオペレータ)「&.」を導入(同様のオペレータはすでにC#、Groovy、Swiftなどに導入されている)。同時にArray#digおよびHash#digも導入
・did_you_mean gemの導入
・バイトコードプリコンパイルシステムを実現するためのRubyVM::InstructionSequence#to_binary and .load_from_binaryの導入(実験段階)
・パフォーマンスの向上

「Ruby 2.3.0」はリリース版としては最も新しいバージョンとなる。Rubyコミュニティは毎年クリスマスを目処に新しいバージョンをリリースしており、2015年もクリスマスにリリースが実施された。

(後藤大地)