エビ天に飽きたら!年越しそばレシピ3選

写真拡大

2015年も今日で終わり。おせち料理の準備でバタバタしているママさんもいると思いますが、おせちの前に食べるものといえば、今日食べる年越しそば。エビ天などをのせた天ぷらそばは、定番の味でとてもおいしいですが、たまには気分を変えて他のそばを作ってみてはいかがですか?

●牡蠣のうま味たっぷりの牡蠣そば

ぷりぷりの牡蠣が絶品のレシピ。材料(2人分)は、そば(200g)、牡蠣(8粒)、片栗粉(少々)、ワカメ・ネギ(お好みの分量)、【つゆ:醤油(大さじ4)、みりん(大さじ2)、砂糖(大さじ1)】、【だし:かつおぶし(20g)、昆布(10g)、水(1000cc)】。作り方は鍋にだしの材料を入れ、火にかけながらあくを取り10分煮てこします。別の鍋につゆの材料を入れて、沸騰する手前まで火にかけてください。牡蠣は塩水で洗い、水気をふき取ったら片栗粉を薄くまぶします。だしとつゆを合わせたら、再度沸騰しない程度に火にかけて牡蠣を加えて約3分温めたら完成。あとは、茹でたそばにワカメやネギと一緒にかけるだけ。

●まるでそば屋さんのような鴨せいろ

実は鴨せいろも自宅で簡単に作ることができます。材料(4人前)は、鴨ロース(250g)、ネギ(2本)、そばつゆ(800cc)、ゆず皮(お好みで)。作り方は、ネギを薬味用に薄い輪切りにしたものと、2〜3cmほどの長さの筒切りにしたものに分けます。フライパンで鴨ロース皮面だけを中火でキツネ色になるまで焼いてください。この際に出た油は捨てないように注意。鴨ロースを3mm程度に切り、さきほどのフライパンで切った鴨ロースの両面を焼きフライパンから外す。ネギもフライパンで焼き色がつくまで焼いたらそこへそばつゆを入れ沸騰したら中火に。鴨ロースを再度入れて、1分ほど煮たらできあがり。お好みでゆず皮など薬味を加えるとさらにおいしくなります。

●缶詰を使ったニシンそば

缶詰を使った時短レシピ。材料(1人前)は、ニシンの蒲焼缶詰(1缶)、そば(1人前)、きざみネギ(お好みで)、白だし(適量)、みりん(大さじ1)。白だしを好みの濃さに調整して、みりんを加えて火にかけます。缶詰からニシンを取り出し、深めの器に取り出したらさきほどのだし汁を少し加え、ニシンを温めてください。茹でたそばを器に盛り、温かくなったニシンをのせたら、上からだし汁をかけて完成。

毎年同じような年越しそばを食べているようであれば、たまには違うそばにすると、大晦日がより楽しくなるかもしれないですね!

(文・奈古善晴/考務店)