【アキバ変遷まとめ】2015年 秋葉原の街の動き(開店/閉店/移転/リニューアル)を月別にまとめてみた

写真拡大

2015年に秋葉原の街はどのように移り変わったか、記事とともに振り返ってみよう。



◆1月

「からあげ野郎 鶏八郎」、アキバ近くに移転オープン! から揚げ:部位8種類×味付け16種類
1月3日に大手町から移転オープン。

・回転寿司「元祖寿司 秋葉原中央通り店」、年明けに閉店
2007年6月より営業していた。

・ジャンク屋「秋葉原卸売センター2」、湯島へ移転
移転先は湯島駅の5番出口近く(文京区湯島3-16-5)。

・居酒屋/定食屋「田舎料理 とき」、1月23日に閉店
富山の郷土料理がウリの家庭的な居酒屋。

・ビアバー「常陸野ブルーイング・ラボ」、1月27日に秋葉原でオープン! 「常陸野ネストビール」など約10種類のクラフトビールを常備
神田エリアでは2013年から「神田麦酒祭り」を開催するなど、ビール熱が高まっている。

・「良平らーめん」、1月30日で閉店! ラーメン1杯380円(現在は400円)の低価格ラーメン屋
ラーメン以外の麺類やセットも低価格で提供していた。

・「越後そば 神田末広町店」、2ヶ月半ぶりに営業を再開
2014年11月半ばあたりから"厨房設備緊急工事のため"として営業を中止していた。

・「ラーメン康竜」、秋葉原店に続いて秋葉原駅前店も閉店! アキバ撤退=本州撤退
新宿や銀座に店を構える「ラーメン康竜」の新店として2008年11月より営業していた。


>> 【アキバ変遷まとめ】2015年 秋葉原の街の動き(開店/閉店/移転/リニューアル)を月別にまとめてみた の元記事はこちら