窓の上の限られたスペースへの設置に対応した(写真はイメージ)

写真拡大

パナソニックは、高い暖房性能と省エネ性能を実現したコンパクトサイズで、省スペースでの設置に対応した「冷暖房・除湿タイプ インバータールームエアコン(壁かけセパレート式) SXシリーズ」を、2016年1月下旬から順次発売する。

流線型の「グランエア・フォルム」を採用することで、高い暖房性能とデザイン性を両立しながら、室内機の高さを従来機種より46ミリメートル低い249ミリメートルにコンパクト化。窓の上の限られたスペースへの設置に対応した。

また、コンパクトなのに高い省エネ性能を実現。外観をコンパクトにしながら内部スペースの最適化設計によって、「Xシリーズ」にも搭載している高効率のハイブリッド熱交換器が採用できることになり、高い省エネ性能を達成しつつ、大型化が可能になったフラップとファンが暖房時約55度の高温風を実現。大きなフラップが高温風をしっかり足元に届け約35度の足元暖房を可能にした。

独自の「ナノイー」を搭載。さらに、カビが発生しやすい環境になると自動で室内機内部を高温加熱、乾燥させてカビの成長を抑える「カビみはり」機能を搭載することで、空気の清潔性にも配慮した。

2枚のフラップで冷風を持ち上げて、からだに直接あてずにやさしく冷やして自然の涼しさで包む「天井シャワー気流」や、運転停止後に自動でフィルターが動いて掃除する「フィルターお掃除ロボット」(ダストボックス式)も搭載している。

色は、クリスタルホワイト。

オープン価格。