電子書籍時代の装丁家:NY Timesが選ぶ「2015年ベスト・ブックカヴァー」

写真拡大

『ニューヨーク・タイムズ』紙が発表した「2015年のベスト・ブックカヴァー」(The Best Book Covers of 2015)から、GIF形式の表紙などを紹介。

「電子書籍時代の装丁家:NY Timesが選ぶ「2015年ベスト・ブックカヴァー」」の写真・リンク付きの記事はこちら

『ニューヨーク・タイムズ』紙の書評欄は12月中旬、「2015年のベスト・ブックカヴァー」(The Best Book Covers of 2015)を発表した。

同書評欄のアートディレクター、マット・ドーフマンは、このランキングに関するレヴューのなかで、本の表紙がもつ大きな役目について次のように述べている。

「読者をページへと誘う表紙は、無視できないと思える疑問を投げかけることによって、そうした役目を果たすことが多い」

現在、本の表紙を手がけるデザイナーたちは、こうした疑問を投げかけるために、かつてないほど多くのアイデアを駆使しているように思える。

デザイナーたちは、この新たな自由に関して、Amazonなどのオンライン通販サイトに感謝すべきだろう。そうしたサイトでは、本の表紙は、タイトルや著者名の隣に表示されることが多いので、デザイナーは、情報の階層化にあまり影響されないのだ。

例えば、The New York Times紙が選んだ12の表紙をざっと見れば、豪華なイラストというかたちをとったアートが、読みやすさよりも優先されている場合もあることがわかる。

ただし、優れたデザイナーであるピーター・メンデルサンドが2014年9月に『WIRED』US版に対して語ったように、一定のルールというものは存在するのだが。

The year’s best book covers, chosen by the art director of The New York Times Book Review. https://t.co/XBQuxaXOih pic.twitter.com/Ywfkckq6Iy

- New York Times Books (@nytimesbooks) December 13, 2015

TAG

BookCoverDesignWIRED US