29日放送の「解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ系)で、漫画家・藤沢とおる氏の自宅を、妻で女優の藤沢あやのが公開した。

番組では「初公開!超有名セレブの大豪邸」と題し、スピードワゴンの井戸田潤、NMB48の小谷里歩、舟山久美子が、藤沢氏の自宅を訪ねた。

藤沢氏は漫画「GTO」の作者で、その販売累計は約3860万部以上、売り上げは約168億円にものぼるという。番組VTRでは、都内一等地にあるという自宅を、藤沢あやのが案内した。敷地はおよそ140坪で、門から玄関までの距離は18メートル、地下1階、地上3階、屋上もあり、建築費は数億円だそう。

玄関は広々とした吹き抜けになっており、ホテルのロビーをイメージした設計だとか。ホームエレベーターも設置されており、こちらの費用は約500万円だという。

また、リビングは23.5畳あり、120インチのプロジェクターを完備。ロルフベンツのソファもあり、こちらは約250万円だそう。また、和室はジンギスカン用の部屋となっており、煙やニオイを逃がすため、照明が取り付けられた業務用換気扇も設置。

地下には、カウンターバーやシアタールーム、ビリヤード台などが用意されている遊戯スペースも設けられている。屋上ではバーベキューができるよう、設備が整っているそうだ。キッチンはフルオーダーで、総額は約400万円だという。

さらに、別宅として高層マンションの一室も所有しており、パーティー専用として使っているのだとか。なお、藤沢氏自身は、テレビ取材がNGだということで登場はなかった。

【関連記事】
マイケル富岡 テレビで見ないのに1億円を超える豪邸に住める理由
力道山の遺族が40億円の遺産を失ったことを告白 現在は6畳のアパート暮らし
内田裕也の豪華な別宅に用意された謎の地下室にDAIGOが驚く