おせち料理の定番といえば甘く煮た黒豆。艶やかな黒皮に包まれた黒豆は、大豆と同じように栄養がいっぱいです。さらに、皮の黒い色のもととなるアントシアニンが豊富なのが特徴。アントシアニンはポリフェノールの一種で、高い抗酸化力でお肌もツヤツヤに。今年こそ、女子力アップを目指す!という方は、お正月に黒豆をいっぱい食べましょう。手作りなら甘みも抑えられるので、お正月太りを気にせず食べられますよ!

“黒豆”の栄養は? 豊富なアントシアニンに注目!

黒豆に含まれる栄養はビタミンEやカルシウム、カリウム、鉄分、イソフラボン、レシチンなど。大豆と同じように、イソフラボンやレシチンも含まれるので、女性の心身を安定させる効果があります。これらの栄養素だけでなく、黒豆には炭水化物と脂質、タンパク質がバランスよく含まれているので、偏りがちなお正月の栄養バランスを整えてくれる効果もあります。黒豆は「マメになるため」食べる、なんて言いますが、健康な体じゃなきゃマメに働くことはできませんものね。さらに、女子力アップに黒豆をおススメしたいのは、抗酸化力の高いアントシアニンが豊富なこと。お正月にはいっぱい黒豆を食べましょう。

“黒豆”のアントシアニンで美肌・美容効果を実感してみて!

黒豆に含まれているアントシアニンは高い抗酸化力で知られる成分です。血行を促進する効果があるので、代謝をアップして美肌を作ります。シミのもとになるメラニンの生成を抑える働きもあるので、美肌効果もバッチリ。ビタミンEの血行促進効果との相乗効果も期待できるので、女子力アップに欠かせない食材ですね! 大豆イソフラボンや大豆レシチンには、女性特有の月経前症候群(PMS)や生理不順、更年期障害の症状を緩和する働きがあるので、黒豆を食べれば、しっとり落ち着いた美女になることもできますよ。

知らなかった! “黒豆”ってダイエットにも効果的なの?

黒豆には大豆ペプチドや大豆サポニンが豊富です。これらの成分には、脂肪の生成を抑えて、脂肪を排出する働きがあります。また、黒豆には不溶性食物繊維やオリゴ糖も含まれているのも特徴。不溶性食物繊維は便秘の解消に効果的ですし、オリゴ糖は善玉菌を増やして腸内環境を整える働きがあります。お正月が過ぎても、黒豆を食べればダイエットにも効果的ですね。

数あるおせち料理の中でも女子力アップに必須の黒豆ですが、お砂糖たっぷりの甘すぎる煮豆では効果も半減。このお正月はぜひ甘さ控えめの手作り黒豆に挑戦してみてはいかがでしょうか。黒豆の煮汁には、アントシアニンがいっぱい溶けだしているので、煮汁も一緒に食べるようにしましょう。


writer:岩田かほり