エゴサーチの誤用が定着か

写真拡大

29日、あるTwitterユーザーが「エゴサ」の誤用を指摘し、話題を集めている。

このユーザーは「今年の『誤用が定着しちゃった語大賞』」として「エゴサ」という言葉を取り上げた。「エゴサ」とは「エゴサーチ」を略した言葉。自分の本名やハンドルネーム、運営しているサイト名やブログ名など「自分自身に関する言葉を検索すること」を意味する。

しかし、このユーザーによると誤った使い方をしてしまう人が多いそうで、誤用の多くは「自分で検索ワードを入力して調べること」という意味で使っているのだという。


この投稿は、30日16時の時点で8000件以上のリツイートと、3200件以上の「いいね」を集めており、ネット上で話題になっている。

なお、投稿に添付していた画像が削除されているが、ユーザーはその後の投稿で、削除された理由を説明しており改めて画像を添付している。


【関連記事】
ホテルから届いた忘れ物に絶句 使いきりタイプのジャム1個を1280円で発送か
電車内で暴行被害の女性 Twitterで訴え「少しでも多くの目撃情報が必要」
納豆365個が当選するも賞味期限が6日後…Twitterユーザーが嘆き