U-23日本代表を率いる手倉森誠監督は30日、来年1月にカタールで開催されるリオデジャネイロ五輪アジア最終予選(AFC U-23選手権)に出場するU-23日本代表メンバーの残り2名にMF豊川雄太(鹿島)とMF三竿健斗(東京V)を選出したと発表。また、負傷したGK中村航輔(福岡)に代わりGK牲川歩見(磐田)を追加招集したと発表した。

 12月18日に最終予選メンバー21名を発表した手倉森監督は、「悩めるくらいの拮抗した力、競争があり、私自身に時間が必要だと思っています。残り2枠は最後まで悩みたい」と残りの2名は、12月22日から30日まで行われる石垣島キャンプ後に発表すると話していた。

 豊川と三竿が残り2枠に滑り込んだ一方、同代表で頭角を現していたMF関根貴大(浦和)やMF鎌田大地(鳥栖)らは涙をのむことになった。

 同大会でグループBに入っているU-23日本代表は1月13日に北朝鮮、16日にタイ、19日にサウジアラビアと対戦。グループステージを突破し、上位3チームに与えられるリオデジャネイロ五輪出場権獲得を目指す。

■リオ五輪最終予選メンバー(クラブは今季の所属クラブ)

▽GK

1櫛引政敏(清水)

22杉本大地(京都)

23牲川歩見(磐田)

▽DF

2松原健(新潟)

6山中亮輔(柏)

15亀川諒史(福岡)

13奈良竜樹(F東京)

12室屋成(明治大)

4岩波拓也(神戸)

5植田直通(鹿島)

17三竿健斗(東京V)

▽MF

8大島僚太(川崎F)

3遠藤航(湘南)

7原川力(京都)

21矢島慎也(岡山)

10中島翔哉(F東京)

14豊川雄太(鹿島)

18南野拓実(ザルツブルク)

19井手口陽介(G大阪)

▽FW

11久保裕也(ヤングボーイズ)

9鈴木武蔵(水戸)

16浅野拓磨(広島)

20オナイウ阿道(千葉)

(取材・文 折戸岳彦)


●AFC U-23選手権2016特集