NHK「マッサン」公式サイトより

写真拡大

 2015年の連続ドラマも、すべて終了した。そこで、全話の平均視聴率をランキング形式で振り返ってみたい。

 トップ2を占めたのは、NHK連続テレビ小説。首位となったのは『マッサン』(2014年9月29日〜2015年3月/玉山鉄二主演/ヒロイン=シャーロット・ケイト・フォックス)で21.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)。玉山は決して大物俳優ではなく、シャーロットは無名な米国人女優だったが、ストーリーで視聴者を引き付け、2015年の連ドラで唯一の大台超え。

『まれ』(土屋太鳳主演)は、さほど勢いがなく、19.4%。2013年度前期の『あまちゃん』(能年玲奈主演)以降続いていた朝ドラの20%超えは、4作でストップした。

 民放トップとなったのは、総合3位の『下町ロケット』(TBS系/阿部寛主演)で18.5%。人気シリーズの『相棒season13』(2014年10月〜2015年3月/テレビ朝日系/水谷豊主演)の17.4%(4位)より、視聴率が上回ったのは価値がある。『下町ロケット』の原作者は『半沢直樹』(TBS系)の池井戸潤氏で、2016年もドラマ界では、引き続き“池井戸待望論”が渦巻きそうだ。

 5位には、大差がついて、『天皇の料理番』(TBS系/佐藤健主演)が入り、14.9%。同作は1980年10月から1981年3月に放送され、堺正章が主演した連ドラのリメイクとなったが、今回も高い評価を得た。大役を果たした佐藤も役者として、ひと回り大きくなったようだ。

 テレ朝の連ドラ初主演となった木村拓哉の『アイムホーム』は14.8%で6位。ヒロインには上戸彩が投入されたが、キムタク主演ドラマとしては、いささかさびしい数字に終わってしまった。

 池井戸作品の『花咲舞が黙ってない』第2シリーズ(日本テレビ系/杏主演)が14.5%で7位。第1シリーズ(2014年4月期)の平均16.0%には及ばなかったが、今回も安定した数字をキープ。杏と上川隆也の名コンビも、すっかりお茶の間に定着し、第3弾のオンエアが早くも待ち望まれる。

 テレ朝の人気シリーズ『DOCTORS3 最強の名医』(沢村一樹主演)は14.4%で8位。第2弾(2013年7月期)の18.3%より、かなり視聴率を落としたが、その人気は健在だ。

 柴咲コウ主演の異色ドラマ『○○妻』(日本テレビ系)は14.3%で9位に入った。ここ数年、ヒロイン役が多かった柴咲だが、改めて、その存在感を示した。2017年にはNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で主演することが決まっているだけに、その前に1作でも、柴咲の出演ドラマを見ておきたいものだ。

 10位には、草なぎ剛主演『銭の戦争』(フジテレビ系)が13.4%でランクイン。同作はフジの「火10」枠では、過去最高の視聴率となった。フジのドラマでトップ10に入ったのは、この作品のみで、看板の月9ドラマは1作も入らなかった。

 一方、民放(テレビ東京除く)プライム帯のワースト部門では、あまりの低視聴率ぶりで話題になった『HEAT』(フジテレビ系/AKIRA主演)が4.1%で1位。ワースト10に入ったのは、TBS系が6作、フジ系が4作で、両局のドラマの低迷ぶりが如実にわかる結果となった。

 2014年は、『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第3シリーズ(テレビ朝日系/米倉涼子主演)が22.9%の高視聴率を取り、朝ドラの『ごちそうさん』(杏主演/2013年9月30日〜2014年3月)の22.4%、『花子とアン』(吉高由里子主演/2014年3月31日〜9月)の22.6%を抑えて、トップだった。2016年は民放ドラマにもがんばってほしいところで、『ドクターX』の復活にも期待したい。

<2015年連続ドラマ平均視聴率ベスト20>
※2016年3月まで放送の『相棒season14』『科捜研の女』第15シリーズ(ともにテレビ朝日系)は除く

1位 21.1% 『マッサン』 NHK 玉山鉄二主演 2014年9月29日〜2015年3月28日 月〜土曜午前8時
2位 19.4% 『まれ』 NHK 土屋太鳳主演 2015年3月30日〜9月26日 月〜土曜午前8時
3位 18.5% 『下町ロケット』 TBS系 阿部寛主演 10月期 日曜午後9時
4位 17.4% 『相棒season13』 テレビ朝日系 水谷豊主演 2014年10月〜2015年3月 水曜午後9時
5位 14.9% 『天皇の料理番』 TBS系 佐藤健主演 4月期 日曜午後9時
6位 14.8% 『アイムホーム』 テレビ朝日系 木村拓哉主演 4月期 木曜午後9時
7位 14.5% 『花咲舞が黙ってない』 日本テレビ系 杏主演 7月期 水曜午後10時
8位 14.4% 『DOCTORS3 最強の名医』 テレビ朝日系 沢村一樹主演 1月期 木曜午後9時
9位 14.3% 『○○妻』 日本テレビ系 柴咲コウ主演 1月期 水曜午後10時
10位 13.4% 『銭の戦争』 フジテレビ系 草なぎ剛主演 1月期 火曜午後10時
11位 12.7% 『Dr.倫太郎』 日本テレビ系 堺雅人主演 4月期 水曜午後10時
12位 12.55% 『ようこそ、わが家へ』 フジテレビ系 相葉雅紀主演 4月期 月曜午後9時
13位 12.54% 『デート〜恋とはどんなものかしら〜』 フジテレビ系 杏主演 1月期 月曜午後9時
14位 12.2% 『偽装の夫婦』 日本テレビ系 天海祐希主演 10月期 水曜午後10時
15位 12.0% 『花燃ゆ』 NHK 井上真央主演 1月〜12月 日曜午後8時
16位 11.7% 『5→9 〜私に恋したお坊さん〜』 フジテレビ系 石原さとみ主演 10月期 月曜午後9時
17位 11.55% 『デスノート』 日本テレビ系 窪田正孝主演 7月期 日曜午後10時30分
18位 11.46% 『コウノドリ』 TBS系 綾野剛主演 10月期 金曜午後10時
19位 10.8% 『遺産争族』 テレビ朝日系 向井理主演 10月期 木曜午後9時
20位 10.7% 『恋仲』 フジテレビ系 福士蒼汰主演 7月期 月曜午後9時

<2015年 民放プライム帯連続ドラマ平均視聴率ワースト10>
※テレビ東京系、NHKは除く
1位 4.1% 『HEAT』 フジテレビ系 AKIRA主演 7月期 火曜午後10時
2位 4.8% 『戦う!書店ガール』 フジテレビ系 渡辺麻友&稲森いずみ主演 4月期 火曜午後10時
3位 5.1% 『リスクの神様』 フジテレビ系 堤真一主演 7月期 水曜午後10時
4位 5.6% 『結婚式の前日に』 TBS系 香里奈主演 10月期 火曜午後10時
5位 5.85% 『まっしろ』 TBS系 堀北真希主演 1月期 火曜午後10時
6位 5.92% 『表参道高校合唱部!』 TBS系 芳根京子主演 7月期 金曜午後10時
7位 6.2% 『37.5℃の涙』 TBS系 蓮佛美沙子主演 7月期 木曜午後9時
8位 6.5% 『ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜』 TBS系 大島優子主演 4月期 木曜午後9時
9位 6.6% 『美しき罠〜残花繚乱〜』 TBS系 田中麗奈主演 1月期 木曜午後9時
10位 6.7% 『心がポキッとね』 フジテレビ系 阿部サダヲ主演 4月期 水曜午後10時
(文=森田英雄)