【コーンスープ】寒い冬にはコレ! 濃厚&トロトロ全6種飲み比べてみた

写真拡大

お湯があれば、いつでもサッと作れるコーンスープ。スーパーなどをのぞくと数多くの種類があります。今回は定番からちょっと珍しいものまで、6種類をピックアップ。実際に飲んでみました。

どれが好き? 濃厚&トロトロ絶品「コーンスープ」ギャラリー【写真10枚】

なお、最近ではカップタイプ、あるいはレトルトタイプのスープも多く出ていますが、ここでは袋入りの粉末タイプに絞ってレポートします。

紹介するコーンスープ、6製品はこちら!

1 「クノール カップスープ」つぶたっぷりコーンクリーム
実売価格:190円前後(3袋入り) 販売元:味の素
1食当たりのカロリー:61kcal

コーンスープの定番、クノールのカップスープです。実に40年ほどの歴史がある一品です。現在ではこのほか、クルトンが入っているもの、塩分をカットしているものなどもラインナップに加わっています。

2 じっくりコトコト 濃厚コーンポタージュ
実売価格:210円前後(3袋入り) 販売元:ポッカ
1食当たりのカロリー:101kcal

ネーミングのユニークさで一躍人気製品になったコーンスープ。濃厚な味わいが特徴とのことですが、そのぶんカロリーも高いですね。「じっくりコトコト」シリーズは現在、クラムチャウダーやチキンクリームなど9種類がラインナップされています。

3 とうもろこしの贅沢スープ
実売価格:290円前後(3袋入り) 販売元:理研ビタミン
1食当たりのカロリー:78.8kcal

ゴールドをあしらったパッケージデザインが、贅沢さを感じさせる一品。お値段も少々高めです。適正なお湯の量が100ccと、ほかの製品の150ccに対して少なめなのが特徴。成分を見るとタンパク質が多いですね。

4 ジェントリースープ コーンポタージュ
実売価格:260円前後(4袋入り) 販売元:富士食品工業
1食当たりのカロリー:68kcal

ちょっとおしゃれなパッケージが印象的。このスープの特徴は、化学調味料、香料、保存料を一切使っていないということです。ナチュラルな味わいがい期待できそうですね。成城石井などで取り扱っています。

5 北海大和 北海道コーンスープ
実売価格:520円前後(8袋入り) 販売元:北海大和
1食当たりのカロリー:72kcal

北海道らしい大きなパッケージに、8袋が入っています。使っているコーンは、もちろん北海道産。SAPPORO SOUP FACTORYというシリーズの1つで、ほかにはカボチャやオニオンのスープなどもそろっています。

6 おいしい北海道 コーンポタージュ
実売価格:900円前後(8本入り) 販売元:札幌日新
1食当たりのカロリー:69kcal

こちらも北海道産を謳ったコーンスープ。縦型のパッケージがユニークですね。中の個別包装も縦長のタイプで、一箱に8本入っています。浮き実としてパセリが含まれているのも特徴。なお価格は少々高めですが、お土産価格ということでしょう。ただしamazonなどの通販でも購入できます。

実食! コーンスープ飲み比べ

6種類のコーンスープを作り、4人のメンバーで飲み比べて感想を聞いてみました。スープの見た目に大差はありません。果たして違いは出るのか? なお総合評価は5点満点です。

1 「クノール カップスープ」つぶたっぷりコーンクリーム
「粒が適度にコーンを主張してますね」
「甘さが強いが塩味も利いてる!」
「飲みやすい。朝に飲みたいスープだね」
「もう少しトロみがあってもいいかな」

定番のクノールカップスープ。オーソドックスな味で飲みやすいという感想が出ました。ただ、ちょっと粉っぽいという意見も。香りは弱めですが、浮き実として使われている、つぶつぶのコーンがいい感じです。なお、溶けやすさは普通といったところでした。
総合評価:★★★


2 じっくりコトコト 濃厚コーンポタージュ
「うん、トロみがスゴイ! 濃いね」
「コーン感が強い、甘い、シチューみたいです」
「朝に飲むというより、夜に飲みたい」
「甘さが強くて、ちょっと苦手かな」

濃厚さを売りにした製品だけ合って、トロみが強いですね。味も濃いめで甘みも強いためか、評価が分かれました。苦手という人もいれば、コレが一番好きという人も。しっかりした味わいなので、夜に飲むのに適しているかも。溶けやすさはイマイチ。しっかり混ぜないといけません。
総合評価:★★★★


3 とうもろこしの贅沢スープ
「ちょっとしょっぱいけどおいしい」
「うまいけど変わった味がする、香りがココアみたい……」
「チーズの味を感じますね。チキンの味も微かに」
「そう、これって焼きとうもろこしの味では?」

複雑な味わいのコーンスープでした。コーンの味はそれほど強くないのですが、チキンやチーズの味も感じられます。甘みが少なめのため、大人の味という意見も。これも評価が分かれた一品です。溶けやすさは普通でした。
総合評価:★★★★

4 ジェントリースープ コーンポタージュ
「雑味が少なくシンプルな味」
「コーンの味しかしない、ちょっと物足りない」
「塩分を感じるけどコクはないですね」
「やさしい味だな。体にいいスープという印象」

無添加の製品のためか、シンプルな味わいです。ただそのぶん、コクがないというコメントもありました。優しい味なので、夜など小腹が空いたときにいい、あるいは子どもに飲ませるスープとして使いたいという感想も。粉末は溶けやすいタイプです。
総合評価:★★★


5 北海大和 北海道コーンスープ
「味が濃いけどコクはイマイチ」
「なんか野菜の味を感じますね」
「後味が甘いな。ちょっと苦手かも」
「コーンの味はしっかりするけど、粉っぽい?」

大きなパッケージでお得な印象のコーンスープですが、評判はもうひとつでした。味は濃いのですが、コーンの甘みや深みが、あまり感じられません。クリーミーな食感ではあるものの、味わいが人工的という意見も。かなり溶けやすいタイプです。
総合評価:★★


6 おいしい北海道 コーンポタージュ
「甘さが控えめ。コーンの味も強くない」
「おいしいけど、チキンスープのような後味」
「私は好きな味だな! パセリも◎」
「クリームシチューのような味。ちょっと変わってます」

このスープも、評価が分かれました。あっさり目の味で甘みは少ないのですが、それがおいしいという意見も。全体的に、コクのあるコーンスープというより、チキンスープという感想が多かったです。ちなみに一番溶けやすいのはこの製品でした。
総合評価:★★★

あまり差が出ないかと思っていたコーンスープですが、実際に飲み比べてみると差があり、4人のメンバーの評価も大きく分かれました。そのため、ずば抜けて人気のあった製品というのはありませんでした。強いて挙げれば、「じっくりコトコト 濃厚コーンポタージュ」「とうもろこしの贅沢スープ」の人気が高かったといえるでしょう。

なお、特に粒のコーンを使っているスープの場合は、かき混ぜた後、1分ほど放置すると味にこくが出て、浮き実のコーンもおいしく食べられます。寒い日に、ぜひお試しあれ!

番外編 スープの王子さま 北海道コーンポタージュ
実売価格:210円前後(3袋入り) 販売元:エスビー
1食当たりのカロリー:69kcal

コーンスープの飲み比べが済んだ後、なおもコーンスープをチェックしていたら、ちょっと珍しい商品に出会いました。その名は「スープの王子さま」。「カレーの王子さま」と同じ、エスビー製の子ども向けコーンスープです。1歳から飲むことができ、卵、乳、小麦といった、アレルギーの可能性がある素材は使用していないそうです。

すっかり大人で、王子さまでもない5人のメンバーですが、さっそく飲んでみました。
「味がない」
「う〜む、味がない」
以下、省略……

いわゆる離乳食に近いものなので、大人の舌には物足りなかったようです。しかし、アレルギー対策はバッチリで、1食当たりのカルシウムが牛乳1本分というハイスペック! 小さなお子さんがいる家庭には、おすすめです。