やけど注意!あんかけレシピで体ポカポカ

写真拡大

あんかけは冷めづらいので冬場の料理には最適。あつあつのあんかけレシピで体の芯から温まりましょう。ただし、できたてはとっても熱いのでやけどに注意です!

●あんかけロール白菜

ロールキャベツならぬロール白菜のレシピです。白菜の使い道が鍋ばかりで飽きてしまったときなどにもオススメ! 材料(4個分)、白菜(8枚)、具材(エビ、ホタテ、豚肉など適量)、塩・コショウ(各少々)、水(200cc)、しょう油(大さじ1)、砂糖(小さじ2)、みりん・顆粒和風だし(各小さじ1)、しょうがチューブ(2cm)、あん用具材(しめじ、桜海老など適量)、水溶き片栗粉(大さじ1)。白菜は茎の部分を取り除き、しんなりする程度に軽く茹でます。水気をきった白菜の葉を2枚ほど重ね、軽く塩・コショウを振ってみじん切りにした具材を置いて包みます。鍋に水、醤油、砂糖、みりん、和風だし、しょうが、あん用の具材をすべて入れ、軽く煮立たせ、ロール白菜を入れ、中まで火を通します。仕上げに水溶き片栗粉をまわし入れ、とろみがついたら完成。白菜に包む具材は細かく刻むか、あらかじめ火を通しておくと失敗しにくいです。

●豆腐のキノコあんかけ

豆腐は主菜にも副菜にもなる優れもの。こちらは鍋ひとつでできる手軽だけれども、とても体が温まるレシピです。材料は絹ごし豆腐(1丁)、えのき茸(1袋)、水(200cc)、3杯濃縮のめんつゆ(大さじ2)、みりん(大さじ2)、顆粒和風だし(小さじ1/2)。えのき茸は、石づきを落として3等分に切ります。鍋に水、めんつゆ、みりん、えのき茸を入れて火にかけ、好みの大きさに切った絹ごし豆腐を加えしばらく煮こみます。途中味見をして薄く感じるようならめんつゆを少し加え、味が調ったら水溶き片栗粉でとろみをつけて器に移します。仕上げに青ねぎやおろし生姜をのせたら完成!

●挽肉のあんかけ丼

ご飯派の人には、あんかけ丼のレシピがオススメ。材料(2人分)は、ご飯(どんぶり2杯)、豚ひき肉(150g)、玉ねぎ(1玉)、にんにく(1かけ)、醤油(大さじ3)、砂糖(大さじ1杯半)、水(100cc)、片栗粉(大さじ1)、サラダ油(適宜)。玉ねぎをみじん切りにし、フライパンにサラダ油を入れたら玉ねぎをキツネ色になるまでじっくり炒めます。にんにくと豚ひき肉を加え色が変わるまで炒めたら、醤油、砂糖を加えて味付けし、水を加えて一煮立ちさせて水で溶いた片栗粉でとろみをつけます。ご飯の上に盛りつけたらお好みで小葱、コショウ、一味をかけてできあがりです。

まだまだ寒い日は続くので、あんかけのようなあったかご飯で冬を乗り切りましょう!

(文・姉崎マリオ/考務店)