「この作品は本当に好きすぎて、シーズン1だけで三日三晩語り続けることができます」(大川氏)
’97年、メルマガ配信サービス「まぐまぐ」を創立後、ビジネスの酸いも甘いも知り尽くした大川弘一氏の手法は「一つの銘柄を徹底的に調べ尽くす」こと。企業の発表や経済ニュースだけでは見えてこない“企業の真の実力”を見極めることが、勝率を上げるための方策というわけだ。大川氏の考える調査力とはどういったものか。具体的に見ていこう。

◆ヘタなビジネス書の何十倍も勉強になります

 財務諸表については『決算書がスラスラわかる財務3表一体理解法』(國貞克則・著 朝日新書)が明解でオススメです。

 映画では、海外ドラマの『Breaking Bad』が「うげー」と思うくらいに勉強になります。

(以下、ストーリー)

 余命わずかの高校の科学教師、ウォルター・ホワイトが残された家族のために始める危険な副業、それはメス(メタンフェミン)と呼ばれる覚せい剤の精製だった。ウォルターが精製したブルーメスと呼ばれる覚せい剤は既成品を遥かに上回る高純度を誇り、たちまち市場を席巻していく。

 ストーリーだけ見ればB級ピカレスクロマンです。が、本作には、圧倒的な商品力の大切さと、競合との交渉、M&Aのプロセス、時系列で変わる共同経営者との関係、技術継承、ブランドマネジメント、成長期にあるリテール流通の重要性―

 ビジネスに重要な要素の何もかもが詰まっております。

― 勝率上げる投資の調査力 ―