「フロレンティーノ・ペレス、レアル・マドリー、そして私に反するキャンペーンがある」

レアルのラファエル・ベニテス監督が、30日のレアル・ソシエダ戦を前にした会見でこのようにスペインメディアを攻撃した。浮き沈みのある結果が続き、スペインメディアは先日からベニテス監督の運命がすでに決まっていると報じている。

「批判できることはすべて批判され、すべてがこじつけられ、すべてが一つのプロジェクトの是非を論じさせている。だが、我々は全員が同じ方向に進まなければいけない。私を筆頭にね。外部の状況を見回せば、特別に明らかなことだ」

16試合を終えて勝ち点33、首位バルセロナとアトレティコ・マドリーに勝ち点2差のレアルだが、バルサは日本でのクラブ・ワールドカップ出場のため、消化が1試合少ない。

「すべてが誇張されている。私には多くの経験があるんだ。だから、できるだけ余計なことに気をそらされないようにしなければいけない」

「私には24名の選手がいる。だが、一人の選手を起用しないと、すぐに個人的な何かがあるんじゃないかとさまざまな憶測をされる。人々が考えている以上に、チームはずっと良い」

「私と選手たちの関係は、メディアで報じられているよりもずっと良い状態だ」

また、ベニテス監督はクリスマスの休日をリヴァプールの家族と過ごしたとも述べている。

「短いバカンスだった。30日には仕事復帰なのだからね。幸いにも、イングランドのメディアはそれほど誇張することがないから、私も家族とリラックスできたよ。ソシエダを倒し、今年トロフィーを勝ち取ることに集中している