WHOが声明「ギニアでエボラウイルスの感染が終息したと宣言する」

ざっくり言うと

  • WHOは29日、西アフリカのギニアでエボラ出血熱の流行が終息したと宣言した
  • 同国は、史上最悪規模となった今回の大流行のきっかけとなったとされている
  • 「90日間の高度な監視期間」に移行するとも発表している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング