来年こそメタボなお腹を何とかしようと筋トレ計画を立てている男性陣も多いのでは? 筋トレは代表的な無酸素運動ですが、ダイエットなら無酸素運動がいいという声もあります。結局のところ無酸素運動と有酸素運動はどう違うの? ということで、その違いをまとめてみました。これからダイエットを始めたいという方も必見です。

無酸素運動と有酸素運動の違いとは?

無酸素運動は酸素を必要としない運動のことで、瞬間的に強い力を出す筋トレや短距離走などです。短時間の運動でも筋肉の強い力が必要なので、筋肉を鍛えて基礎代謝を上げることができます。一方、有酸素運動は、弱い力でも継続的に使うことが求められる運動で、ウォーキングやジョギング、水泳がこれにあたります。無酸素運動では、筋肉に貯めた糖質をエネルギー源として使いますが、有酸素運動では体内に貯めた脂肪がエネルギーとして使われます。脂肪をエネルギーに替えるためには酸素が必要になるため、有酸素運動と呼ばれています。

有酸素運動がダイエットにいいと言われる理由は?

有酸素運動では体内の脂肪がエネルギー源になるため、中性脂肪や血中コレステロール、体脂肪を減らす効果が期待できます。これがダイエットには有酸素運動がいいと言われる理由です。ただし有酸素運動を始めてから20分程度は血中の脂肪が使われるため、体脂肪の減少は望めません。やはり体脂肪を減らしたいなら、20分以上継続して行う必要があるのです。

無酸素運動ではダイエットできない?

もちろん無酸素運動がダイエットに不向きというわけではありません。無酸素運動では筋肉を増やすことができます。基礎代謝の多くは筋肉で使われるエネルギーなので、筋肉量が増えることで、代謝を上げて太りにくい体を作ることができます。もちろん筋肉質の引き締まった体になれば、女子にもてること間違いなしです。

運動には無酸素運動と有酸素運動の2種類があります。それぞれの効果は違うので、体についてしまった脂肪を落としたいなら有酸素運動、代謝を上げて太りにくい体を手に入れるなら無酸素運動と目的によって使い分けるといいでしょう。ただし、どちらも継続することが大切です。三日坊主にならないように頑張ってくださいね。


writer:岩田かほり