29日、従軍慰安婦問題で日韓両政府が合意したことを受け、日本メディアが「韓国は世界記憶遺産への慰安婦に関する資料登録申請には加わらない」と伝えたことについて、韓国外務省関係者は「事実に反する」と否定した。写真はソウルの日本大使館前の慰安婦像。

写真拡大

2015年12月29日、韓国・聯合ニュースによると、旧日本軍従軍慰安婦問題で日韓両政府が合意したことを受け、日本メディアが「韓国は世界記憶遺産への慰安婦に関する資料登録申請には加わらない」と伝えたことについて、韓国外務省関係者は「事実に反する」と否定した。環球時報(電子版)が伝えた。

【その他の写真】

同関係者は「日本側は一貫して世界遺産登録に注目しているが、申請運動は基本的に民間団体が推進している」と指摘。韓国政府は直接的にかかわっていないことを示唆した。韓国では現在、韓国女性家庭省の外郭団体である財団法人「韓国女性人権振興院」が海外の慰安婦被害国と共同で登録申請運動を展開しているとされる。

一方、岸田文雄外相は28日、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相との会談で同問題に言及。会談後、日本メディアの取材に対し「韓国が(登録の)申請に加わることはないと認識している」と述べていた。(翻訳・編集/大宮)