青酸化合物を使った連続変死事件、被告側が一転無罪主張へ女性自身

青酸化合物を使った連続変死事件、被告側が一転無罪主張へ

ざっくり言うと

  • 青酸化合物を使った連続変死事件で、被告側が全面的に争う方針だと分かった
  • 容疑を認める供述をしていたとされるが、公判では無罪主張するとみられる
  • 4件の罪で起訴、追起訴された被告は京都地裁の裁判員裁判で一括審理される

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング