アニメ「艦隊これくしょん -艦これ-」公式サイトのスクリーンショット

写真拡大

艦隊を育成する大人気ブラウザゲームを原作としたアニメ『艦隊これくしょん -艦これ-』の公式Webサイトが更新され、2016年に上映されることが発表されていた劇場版のキービジュアルが公開。

【アニメ『艦これ』劇場版キービジュ公開 吹雪の凛々しい後ろ姿がの画像・動画をすべて見る】

艦娘・吹雪の後ろ姿が描かれていることから、TVアニメ版に引き続き吹雪を主人公とした作品になることが予想されている。

同日より開催されている世界最大規模の同人誌即売会「コミックマーケット89」会場への主要な経路となる国際展示場駅では、数日前からポスターが掲示され話題になっていた。




軍艦を擬人化する斬新さが受けた『艦これ』


『艦隊これくしょん -艦これ-』は、DMM.comとKADOKAWA GAMESによるブラウザゲームとして2013年4月にリリースされた。

第二次世界大戦での大日本帝国海軍の軍艦を中心とした艦艇を可愛い女性キャラに擬人化しており、プレイヤーは提督となって彼女たちを指揮して戦いに臨むという内容。

独特なコンセプトとつくり込まれたゲームシステムが受け、瞬く間にユーザー数を増やし、アニメや漫画、小説など、多岐に渡ったメディア展開をする人気作品へと成長を遂げた。

『艦これ』アニメが物議を醸すも売上は好調で続編制作決定


2015年1月からは、TVアニメが放送開始。新たに鎮守府に着任したばかりの新米駆逐艦・吹雪を主人公に、艦娘たちの戦いの日々を描いている。

しかし、ゲームにおいて艦娘を指揮するプレイヤー自身を投影しているはずの提督が、アニメではあまりに常軌を逸脱した吹雪推しだったりと、ファンからも疑問視される描写が多く、物議を醸したことで知られている。

ただし、DVDやBlu-rayの売り上げは大成功の部類に入ったため、8月には劇場版だけではなくテレビシリーズの続編の制作も早々に発表されていた。

2015年発売予定だったPlayStation Vita版の『艦これ改』も2016年に延期されたこともあり、劇場版の2016年上映を不安視する声もあるが、まだまだ展開する「艦これ」の先行きを見守りたい。