海原やすよ ともこ

写真拡大

「海原お浜 小浜」として活躍した女流漫才師の海原小浜(うなばら・こはま)が、12月24日に死去したことに伴い、実の孫で、漫才コンビ「海原やすよ ともこ」として活躍する2人から追悼コメントが寄せられた。

映画『ゲゲゲの女房』の吹石一恵と監督が水木しげるさんに追悼コメント

「この度、祖母の海原小浜が2015年12月24日に永眠いたしました。27日に和やかに家族葬として告別式をすることが出来ました。漫才を愛し、芸人一筋で頑張って来た海原小浜を応援してくださった皆様、ありがとうございました。ご報告させて頂きます」

海原小浜は1943年に海原お浜とコンビを結成。常に女性しゃべくり漫才の中心として一世を風靡。毎日放送『千客万来』では、巧みな話術で世代を超えた人気番組とする。

67年に第2回OBC上方漫才大賞、75年には第4回YTV上方お笑い大賞を受賞している。78年にコンビ解消後は司会、ドラマ、パーソナリティー、講演会と幅広い分野で活躍した。

【関連記事】
阿藤快さんが映写技師演じた遺作で共演、本郷奏多、藤原令子らが追悼コメント
亡くなった桂米朝さんに笑福亭仁鶴と桂文枝が追悼コメント
西川きよし、坂田利夫が親友じゅんさんに追悼コメント「また一人戦友が去っていく」
山田洋次監督が米倉斉加年に追悼文「素晴らしい役者がこの国から一人消えた」