親が片付けられないと、子供もそうなる?体験談

写真拡大

親が片付けられない、物が捨てられない…そんな環境で育つと、子どもも将来片付けられない人間になるのでしょうか。そんな疑問が、ママスタに寄せられました。トピ主は、料理は好きだけれど、部屋が散らかっているという点が親に似てしまったといいます。さらに子どもにも、これが受け継がれているとのこと。他のご家庭はどうなのか、ママたちの意見を紹介します。

■自分も片付けられない人間になってしまった

まずは親が片付けられなくて、自分も片付けが苦手になってしまったという意見から紹介します。家に物が溢れていたり、散らかっていても平気だったり…幼少時代をそのような環境で育つと、似てしまう人も少なくないようです。

『散らかってたよ〜

そこら中の床にチラシやらゴミやら洗濯物やらが転がってる状態。

実家程じゃないけどうちも部屋の隅におもちゃ積んであるしテーブルに要らないものが置いてあったり、確実に遺伝してる』

『私も母親がそれ。

私もそれ。

息子、娘も全く同じ。』

『私も一緒。

気が向いて片付けるときも片付かなくて途中でやめる。

料理は好きだけどキッチンごちゃごちゃ。

作るだけ作って片付けしないから。』

『私も掃除嫌い。

散らかりまくり。片付け方が解らないってやつ。

実家も若干汚かった。』

『私も苦手。だから極力汚さないようにするが、子供に散らかされたら、そのまま。だから、めちゃめちゃ汚い。とりあえず、クイックワイパーではじによせる。はじがごみだかなんだかの山でヤバい。』

■反面教師になっている

親のダメだった部分から学んで、自分は片付けられる大人になったという意見も。中には、親から片付けの仕方を学んでいないため、教室に行ったという人もいました。

『実家は散らかっているというより物が多すぎた。

買いだめも多かった。

自分の家は、散らかるほど物がなくて買いだめも全くしない。』

『母は片付け苦手だったけど、私は散らかるとイライラするので常に片付けてる。

だからお客さん来ても困らない』

『実家がそうだ。

物や家具だらけで汚くてゴチャゴチャの家で、私はそんな家が恥ずかしくて大嫌いだったわ。

それが反面教師になったおかげで、自分は物を置かないように汚さないように意識しながら暮らせてる。

料理は好きでも嫌いでもない。

ちなみに姉と妹は母親と同じように、捨てられない掃除できないタイプだから、汚い家に住んでるよ。』

『結婚して2年たってようやく掃除と整理整頓ができるようになりました。

今までは人が来るから掃除するって考えで床に物を無意識に置いていたので。

実家は一応母親は片付けてますが冷蔵庫やパントリーか雑にぎゅうぎゅう詰めになってる。』

『子供と一緒に夏休みのお片付け教室に行ってみた。

目から鱗。母には片付けの仕方なんて教えてもらえなかったし。

娘は私みたいにならないで欲しい。』

親の言動は、いいところだけでなく、悪いところも子どもに大きく影響を及ぼします。親が片付けられないからといって、必ずしも子どもも片づけが苦手になることはありません。しかし子どもが片づけ上手になるよう、掃除&整理整頓をして、常にキレイな家をキープしたいですね。子どもは親の背中を見て育つのですから。