一体どんな味がするのか…

写真拡大

湖池屋は2015年12月14日、「ポテトチップス 苺のショートケーキ味」を全国のコンビニエンスストアで、21日には全国のスーパーマーケットなど一般チャネルで発売した。

年末年始の「ケーキ需要」の高まりに、なぜかポテトチップスで太刀打ちしようとした同社の挑戦作が登場。「ウケ狙い」で食べてみている人が続出しているようだが、聞こえてくる感想は意外なものだった。

甘さと酸っぱさと油分が絶妙!?

「ショートケーキ味のポテチ」という破天荒っぷりで発売前から大変な話題を呼んでいた同商品。ツイッターでは、恐る恐る食べてみている人が多数見受けられる。

「本当にイチゴの後味とケーキのスポンジみたいな甘さあって気持ち悪い」
「最初は苺のショートケーキなんですが噛んでるうちにただのうすしおになって口の中がカオス状態になってクソまずいです」

と、やはりか...という感想が投稿されている一方、

「イチゴショートケーキのポテチおいしかったよー。ハッピーターンみたいでよかった」
「ショートケーキ味のポテチが思った他ケーキで美味しかった」
「最初の一口はショートケーキの匂いと甘さに後から来る圧倒的な芋の存在感に『うっ』てなったけど食べてるうちに全然芋が気にならなくなってポテチの油感が生クリームっぽくて結構よかった、あとイチゴの甘酸っぱさがよい」
「甘さとしょっぱさとイチゴのほのかな酸っぱさが同居してて...まぁまずくはなかったよ... 実際慣れてくると普通に美味しく感じたけどw」

などなど、まさかの「美味しかった」という声も多い。

「コイケヤのポテトチップス苺のショートケーキ味は苺のショートケーキを一緒に買って食べることをおすすめします どっちも同じ味がして麻痺するw」

という食べ方の提案もみられた。

ショートケーキの再現度がかなり高いらしいこの商品、自分の舌にハマるかどうか、試してみる価値はありそうだ。

価格はオープン。