Doctors Me(ドクターズミー)- 「前頭部」「頭頂部」「後頭部」ハゲ始める場所の違いって!?

写真拡大

髪の毛の問題でお悩みの方は多いと思いますが、中でも深刻なのが、抜け毛や薄毛の問題ですね。
しかし、人によって、「前頭部」「頭頂部」「後頭部」と薄くなる場所が違うのは一体何故でしょうか?

今回はこの薄毛の部位による違いについて、医師に解説していただきました。

若ハゲはAGAが原因?

どの年代の男性にとっても髪は大切なものですが、特に若い男性で髪が抜け始め、禿げてきてしまった、という方は悩まれることが多いと思います。
最近話題になることの多い、AGA(男性型脱毛症)は、早ければ10代後半から20代でも症状がみられ、若年性脱毛症、いわゆる若ハゲの場合はこれであることが多いと考えられています。

男性型脱毛症の症状は、多くの場合30代頃から症状がみられるとされ、50代を過ぎると男性は多くの方が多かれ少なかれ薄毛になられる方が多いようです。
もちろん、体質的にフサフサで60代、70代になっても理容室で漉いてもらうほど多い、といううらやましい方も中にはいらっしゃいますが…。

頭頂部から禿げやすいのは何故?

男性型脱毛症の多くは、前頭部と頭頂部から、禿げ始めることが多いと考えられます。オデコが後退して広くなって来たり、いわゆるてっぺんはげ、の状態になったりするわけですね。
理由としては、前頭部と頭頂部の毛根に存在する酵素が、男性ホルモンを髪の成長途中で抜けさせるホルモンに変化させることが原因と考えられています。

このため、髪がせっかく生えてきても、しっかり伸びる前に抜け落ちてしまい、全体のボリュームがどんどん減って、ついには禿げてしまう、ということになるるわけです。ただ、この場合、毛根は死んでいるわけではないので、生えてこないということではないのです。
また、前頭部や頭頂部とは異なり、後頭部、側頭部は一般的に男性ホルモンの影響を受けにくいので、この部分から剥げてくることは少ないと考えられています。

あなたはどのタイプ?AGAの禿げ方別タイプ

AGAの禿げ方による分類としては、まず、よく西洋の俳優さんなどにもみられるM字ハゲ。おでこの両サイドからMの形のように広がっていくものです。
それから、U字型のもの。生え際の毛が抜けて、イメージでいうとオデコが縦長に卵型のようになっていくものです。こちらは、日本人に多いともいわれます。
そしてO字型の、頭のてっぺんが丸く禿げ落ちてしまうもの。この部分だけであれば、正面から鏡を見ても、自分では気づかないこともあります。ある日突然、頭のてっぺんを触ったり、家族に言われてびっくりというパターンも考えられます。

【医師からのアドバイス】

禿げ方の形とは異なりますが、脂漏性脱毛症もAGAの一種です。皮脂が過剰分泌し、毛穴が詰まることで脱毛するものです。不潔にしておいて脂っぽくなるのはもちろんですが、逆に強いシャンプーで洗いすぎることで皮脂が毛穴から過剰分泌される場合も知られています。
それ以外にも、例えば有名な円形脱毛症など、髪が抜ける原因は一つにとどまりません。
迷ったら、皮膚科を受診して気軽に脱毛のこと、相談してみましょうね。

(監修:Doctors Me医師)