最後のホイッスルが響き渡るその瞬間まで彼女は澤穂希であり続けた。誰よりも頼もしく、どこまでも清々しい、見事なまでの潔さ――確かに澤穂希の"生き様"がそこにあった。

 苦しんだシーズンだった。所属するINAC神戸レオネッサは、なでしこリーグで3位に沈んだ。INACは数多くのなでしこジャパンメンバーに加え、ユースカテゴリー代表経験者を揃える。十分な戦力を持ちながらも、結果を出すことができないシーズンに苛立ちが募った。

 そんなムードを払拭したのが皇后杯準々決勝を前に発表された澤の引退発表だった。準々決勝の3日前に発表された引退から決勝までわずか10日あまり。焦燥感や困惑、寂寥(せきりょう)感......チームメイトは澤を失う現実を実感した数日だったに違いない。しかし、チームの雰囲気は一変した。澤本人の狙いもあった"ショック療法"は功を奏した形となったのだ。

 準々決勝、準決勝を勝ち進み、迎えた12月27日の決勝の相手は"3度目の正直"で初優勝を狙うアルビレックス新潟レディース。攻撃を組み立てるINACを、緻密に練った対策で封じる新潟。一進一退で進む試合はスコアレスのまま後半に突入する。試合が動いたのは後半33分のことだった。蹴る直前、澤のゴールを生むために神に祈ったという川澄奈穂美からのボールに澤がしっかりと頭で合わせた。DFのマークをかいくぐっての会心の一撃だった。

 伏線はあった。前半から掴んでいたCKのチャンスに、得意のニアサイドを固められていることを感じていた澤は、ファーサイドへ走り込む意思を仲間に伝えていた。何度もトライしていくうちに徐々に澤のタイミングが合ってくる。たとえ厳しいマークがついていても、一瞬の隙を突く鋭さは澤の真骨頂だ。

「予測していてもそこに動き出せる選手はなかなかいない。澤はそこに無意識に体が動く」。そのずば抜けた才能をそう称えたのは、澤が14歳の頃から指導を受け、そして最後のシーズンの戦いを託した松田兵夫監督。決勝ゴールに結びつける澤の嗅覚は健在だった。

 その陰には日々の練習でも常に100%の力で臨む強い精神力がある。真摯に向き合う37歳の姿を前に手を抜ける若手などいるはずがない。言葉ではなく、そのプレーですべてを伝えてきた。

 最後のピッチでもその姿は変わらない。自らの運動量も落ちてきた終盤。新潟も最後の反撃に出る。ゴール前では一瞬の緩みも許されない攻防が続いた。チームの勝利を願えば長く、澤の現役終幕に想いを寄せれば短く感じる2分間のロスタイム。澤のラストプレーはチームのピンチをしのぐクリアボールだった。ホイッスルが鳴った瞬間、戦いの表情を解き放った澤の周りには歓喜と感謝の輪が幾重にも重なっていた。

 澤の影響力は絶大だ。INACで澤の相棒を務めた弱冠20歳の伊藤美紀は、現在、彼女が手にしているボランチとしてのすべてを、澤から学び取ったと言っても過言ではない。サイドで起用されていた伊藤は、今シーズン初めてボランチへコンバートされた。ボールに触れる機会が多い分、どうしてもミスのリスクも高まる。

「メンタル的に弱いので、ミスしたあとにズルズル落ちていってしまうんですけど、『ミスしてもやり続けていれば大丈夫』という澤さんの言葉に救われた」という伊藤。のびのびとピッチ中央でボールに絡みながら攻撃参加していく伊藤の後ろには、ピンチの芽を摘み、サポートに徹する澤の姿が必ずあった。澤のバックアップなしで勝負する来季のプレーこそ、伊藤の真価が問われることになる。

 そして誰よりも強い思いを抱いていたのは大野忍ではないだろうか。澤穂希という大きな看板のために生じた混乱時でも、常に澤のそばで、時に寄り添うように、時にいじり倒して笑いの中央に引き込んだりしながら歩んできた。だからなおさら、決勝に進んでも澤の引退の実感が湧かず、アップ中に「私、本当に辞めちゃうよ、シノ(大野)大丈夫?」と、笑いながら澤に声をかけられたことで急激に現実が押し寄せてきた。

「自分のゴールを捧げたかったんだけど、(澤自身で)決めちゃうんだもんなぁ」と笑いながらも、最後に何かをこらえるように表情を引き締めた。

「ホマは自分にとって"変えられないもの"。誰にもマネできないし、澤さんみたいになりたいって言う人たくさんいるけど絶対になれない」

 近い間柄、くされ縁、姉妹のよう......澤との関係はそんなものでは表現することができないという。

「大野忍っていう人間をこういうプレーヤーにしてくれた人だって自分は思ってる。あの人がいなかったら、自分はここまでやってない。腐り切ってる。ここにも立っていない」と一気に言い切った。

「あのCKのときだって、たとえゴールしたとしてもそこにホマがいないと絶対にイヤだった」と語った大野。今や強豪となったINACでキャプテンマークを巻き、10番を背負う大野だが、何もかもうまくいかない若手の頃から大野を導いてきたのが澤だった。プロの厳しさ、途中で投げ出さない強さ、結果を出すことの大切さ、そして何よりサッカーを楽しむ喜びを教えてもらった。

「今日の試合を終えて、より一層本当に悔いはないなって思えた試合でした」と、一点の曇りもない笑顔でピッチを去った澤。大野はそんな"澤穂希"を自らの誇りとして戦ってきたのではないだろうか。そしてこれからも大野はそうして戦っていくのだろう。澤の築いた輝かしい功績はもとより、共に走ってきたトップ選手の希望にも原動力にもなりうる唯一無二の存在。最後の一瞬まで、"澤穂希"とはそういうプレーヤーだった。

早草紀子●取材・文 text by Hayakusa Noriko