28日、日韓両国が慰安婦問題解決のための外相会談を開いた。韓国メディアによると、「慰安婦問題に対する日本政府の責任を痛感」「安倍晋三首相の謝罪・反省を表明」「日本政府の予算10億円拠出」など3項目で合意を遂げた。写真はソウルの日本大使館前の慰安婦像。

写真拡大

2015年12月28日、日韓両国が慰安婦問題解決のための外相会談を開いた。韓国メディアによると、「慰安婦問題に対する日本政府の責任を痛感」「安倍晋三首相の謝罪・反省を表明」「日本政府の予算10億円拠出」など3項目で合意を遂げた。

【その他の写真】

韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相は28日午後2時から岸田文雄外相とソウル外交部庁舎で外相会談を行った後、共同記者会見を開き、このような内容を発表した。尹外相は「韓国政府が慰安婦の方々の支援を目的とする財団を設立し、これに日本政府の予算で資金を一括拠出し、日韓両国政府が協力して、すべての慰安婦の名誉と尊厳の回復、心の傷の治癒のための事業を実施することにした」と明らかにした。また、韓国政府関係者は、日本大使館の前に建てられた慰安婦像撤去論争については、「日本メディアの報道をもとに撤去話が出てきたという事実はない。(韓国)政府がうるさく指図する事案ではない」と述べた。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「最大限の成果を引き出した韓国政府の努力に拍手を送る」
「お金の額よりも、日本から謝罪を受けたということが重要だ」
朴槿恵(パク・クネ)大統領は歴代大統領が果たせなかったことを達成した」

「日本が正しく合意事項を履行することを願う」
「経済的報復がなければよいが…」
「慰安婦像が撤去されたら、それは屈辱外交だ」

「慰安婦たちが同意して初めて決着する。慰安婦たちは同意しているのか?」
「反省は反省であり、今後、真相調査のために国が引き続き資料調査と真実の調査を維持する必要がある」

「歴史的な日だ。今後の日韓関係の発展を期待する」
「これで日本との関係がよくなって仲良く過ごせれば両国ともメリットがある」(翻訳・編集/三田)