新旧全日本女王対決が注目された今年の全日本選手権女子シングルは、過去・現在・未来のエースが表彰台に顔をそろえた格好となった。

 27日に行なわれた女子フリーで、宮原知子は139.59点をマークして1位となり、合計212.83点で大会14人目となる2連覇を達成した。総合2位には、ショートプログラム(SP)フリーともに3位に食い込む健闘を見せた次代のエース、全日本ジュニア女王の樋口新葉が。そして1年間の休養から今季復帰した浅田真央は、SP5位からフリーでは2位となって総合3位に浮上。元全日本女王の意地を見せる演技を披露して表彰台を死守し、世界選手権(3月・米ボストン)の日本代表に選ばれた。

 2年ぶりの全日本は、後輩の選手が成長した姿を目の当たりにしたり、これまで一緒に戦ったことがない10代半ばの選手たちと同じ舞台に立ったり、浅田にとって感慨深いものがあったに違いない。そんな勢いのある若手選手たちと今後どう戦っていくべきなのか。また、自分なりに掲げた目標をどうやってクリアしていけばいいのか。決して本調子ではなかった中で、心の葛藤を抱えながら戦う彼女がいた。

 フリーの演技後、浅田は両目をつぶり、首をかしげながらしばらく何かの思いに浸っていた。そして立ち上がり、会場に挨拶。ここまで笑顔はまったくなかった。やっと笑顔が見えたのは、キスアンドクライでカメラに向かったときだった。

「演技が終わった瞬間、全日本が終わったんだなと思いました。今シーズンの中では一番いいフリーができたので、課題はまだありますけど、今できることはできたかなと思います。冒頭のミスはあったんですけど、他の部分では自分ができる精一杯のジャンプだけでなく、滑りの部分でもできたと思うので、ひとつずつですけど成長したかなと思います」

 プログラム『蝶々夫人』の冒頭に跳んだ、調子のバロメーターでもあるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で転倒。決して悪いジャンプではなかったが、踏ん張れなかった。その直後に予定していた3フリップの連続ジャンプは単発になった上にオーバーターンのミスがあった。見せ場のステップでもあまり覇気がないように見えたが、全体的にはまずまずの出来で演技をまとめたと言っていいだろう。本人も悪いなりにも手応えを感じていた。

「今日の朝の練習から気持ちの持っていき方が変わったかなと思いました。ミスはあったんですけど、ああ、こういう気持ちの持ち方でいけば身体がすぐに動くんだなという感じがあったので、全日本の経験として次に繋がるかなと思いますね。自分の弱いところというか、マイナスのところは気持ちが抜けてしまうところだと思う。それを今回、先生(佐藤信夫コーチ)と話して感じて、今日の朝から意識してやっていて自分の中で手応えがあったので、この経験を忘れないようにしていきたいです」

 復帰シーズンの序盤は、気持ちも乗っており、結果もしっかり出していたので、このまま順調にシーズンを戦っていくのかと思われた。だが、復帰当初から「そう簡単にはいかない」と心配していた佐藤コーチの見立てが当たってしまった。

 シーズンが進み、試合をこなすうちに、浅田の心境に変化が生じ始めたという。調子と気持ちのバランスが取れず、思い描いた通りの演技をしようとしてもできなくなっていった。「これまでと変わらず普通に取り組んでいるのに......」(浅田)、何かが違っているというわけだ。

 果たしてそれは何なのか。佐藤コーチはこう語っている。

「ここのところしばらくミスばかり続いて、本人ともども非常に悩んでおりましたけど、やっと気持ちを切り替えてきちっと滑ることができたと思います。どこか守りに入っていたものが今日のフリーで吹っ切れて、やっと、完璧ではなかったがそれなりのスケートができたので、これでちょっといい方向にいってくれるかなというのが、一番大きなことだと思います。

 ここにくるまでにいろいろな話をいっぱいしましたけど、経験しなくては分からない。なかなか理解はされなかったみたいで、今日この場でやっとそれができたということで、ここからまた一段進んでくれるかなと思います。(ここ最近の浅田については)正直、自信喪失という状態でした。『とにかくやればできるんだよ』ということを中心に、なんだかんだいろんな話をしました。本当に本人が乗り越えるのを待つ以外、何もなかった。

 とにかく若い人たちの進歩は目を見張るものがありますから、そこでどう戦っていくか。頑張っていきたいと思います。どんな人でも必ずスランプ状態はくる。温かく見守って支えてあげて、それを乗り越えられるときを待つしかないと、現時点ではそう思っています」

 全日本後のメダリスト会見で、浅田は来年の大舞台に向けて、こんな抱負を語っていた。

「シーズン初戦が始まってから連戦が続いて、なかなか練習できなかったので、しっかりとまずは休んでから、次の試合に臨みたいです」

 復帰を決めた当初は、じっくりと練習を積んで、心と身体を満足いくレベルまで戻し、この全日本選手権をシーズンの初戦にしようという考えもあったはずだ。だがさまざまな思いや事情、そして早い段階である程度の状態まで技術レベルを戻すことができたこともあり、予想よりも早く競技会に出場することになった。そのツケがシーズン半ばに回ってきたとも言えそうだ。

 冒頭で「過去」のエースと表現したが、決して浅田真央が「過去の人」になったわけではない。むしろ、新しく生まれ変わった25歳のベテラン選手として、これから新たな目標に向けて未知なる世界を突き進む、"孤高の戦士"のような存在になったのではないだろうか。

 シーズン後半戦は、3年ぶりの出場となる2月の四大陸選手権、そして3月の世界選手権と大きな大会が控える。自分が納得いくまで練習を積んで、もう一度確固たる自信を取り戻した姿で競技会のリンクに立ってほしいものだ。

辛仁夏●文 text by Synn Yinha